商品情報にスキップ
1 / 2

Soul 45

Wilson Pickett - Funky Broadway / I'm Sorry About That

1967 USA Original 45rpm Record [ATLANTIC/45-2430]

通常価格
¥2,200 JPY
通常価格
セール価格
¥2,200 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント







60年代から70年代後半まで数多くの大ヒットを残し、アメリカのソウル・ミュージックを代表する大物歌手として知られる様になったR&B~ソウル・シンガー、ソング・ライター/ウィルソン・ピケットが、1967年にATLANTICレーベルからリリースしたシングルです。

ジェリー・ウェクスラー・プロデュースによる作品です。


Jerry Wexler & Aretha Franklin

ビルボード・ホット100チャートで最高8位、R&Bチャートで最高1位、英国シングルチャートで最高43位を記録しました。

1966年にダイク&ザ・ブレイザーズが吹き込んだ作品のカバーです。


Dyke & The Blazers



ダイク&ザ・ブレイザーズのオリジナルから数ヶ月後となる1967年、アラバマ州マッスルショールズのFAMEスタジオで録音されたバージョンです。ダイク&ザ・ブレイザーズの原作よりもアップビートで編曲され、肉厚なサウンドに豪快なボーカルで応えたサザン・ソウルの名作です。

裏面はソウル・バラードです。

<参加ミュージシャンと録音場所+日時>
Wilson Pickett [Funky Broadway] [I'm Sorry About That]
Gene "Bowlegs" Miller, trumpet; Charlie Chalmers, Jimmy Mitchell, tenor sax; Floyd Newman, baritone sax; Dewey "Spooner" Oldham, piano, organ; Jimmy Johnson, Lincoln "Chips" Moman, guitar; Tommy Cogbill, electric bass; Roger Hawkins, drums; Wilson Pickett, vocal.
Fame Studios, Muscle Shoals, AL, February 1, 2, 3 and 4, 1967

コンディションNM/NM
マトリックス番号A-11647-1 / A-11652-1

アーティスト【ウィルソン・ピケット】













Wilson Pickett (March 18, 1941 Prattville, Alabama, United States - January 19, 2006 Reston, Virginia, United States) R&B~ソウル・シンガー、ソング・ライター。1955年にザ・ヴィオリネアーズ(The Violinaires)というゴスペル・グループの一員として音楽キャリアをスタートさせる。1959年にエディー・フロイドやサー・マック・ライスが在籍したザ・ファルコンズ(The Falcons)に加入する。1962年にLU-PINEレーベルに録音しナショナルヒットとなった「I Found a Love」ではリードボーカルを担当して注目される。1962年にソロ歌手として独立し、CORREC-TONEレーベルに録音後、ロイド・プライスのDOUBLE-Lレーベルと契約し、「If You Need Me」や「It's Too Late」がマイナーヒットを記録。そして1965年にATLANTICレーベルに移籍し、南部のR&Bサウンドに乗せた「In the Midnight Hour」が特大ヒットした以降、70年代後半まで数多くの大ヒットを残し、アメリカのソウル・ミュージックを代表する大物歌手となった。
No reviews