商品情報にスキップ
1 / 2

Sixties 45

The Trade Winds - New York's A Lonely Town / Club Seventeen

1965 USA Original 45rpm Record [RED BIRD/RB 10-020]

通常価格
¥2,600 JPY
通常価格
セール価格
¥2,600 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント





作曲家としても活躍したピーター・アンドレオリと、ヴィンセント・ポンシアを中心としたポップ・グループ/ザ・トレード・ウィンズが、1965年にRED BIRDレーベルからリリースしたシングルです。

ビルボード・ホット100チャートで最高32位を記録しました。

ソングライターとしてはフィル・スペクター関連でも功績を残す(ロネッツやクリスタルズに楽曲を提供)、ピーター・アンドレオリとヴィンセント・ポンシア・ジュニアが書いた秀逸なメロディーの楽曲を、ザ・ビーチ・ボーイズに影響を受けたサウンドとボーカル・スタイルで仕上げた60's ボーカル・サーフ・ポップ・クラシックス!

裏面はチャック・ベリー・スタイルのロックンロールです。

コンディション:VG++/VG+/DH/RW
マトリックス番号:LS1066 AudioMatrix / LS1067 AudioMatrix


アーティスト【ザ・トレード・ウィンズ】



ポップ・グループ。1960年の「ミスター・ロンリー」のヒットでも知られる、ロードアイランド州プロヴィデンス出身のホワイト・ドゥーワップ・グループ=ザ・ヴァイデルズ(The Videls)出身のピーター・アンドレオリ(Peter Andreoli)と、ヴィンセント・ポンシア(Vincent Poncia)を中心としたグループ。アンドレオリ&ポンシア・コンビは作曲家としても活躍し、60年代前半にはジェリー・リーバー&マイク・ストーラーや、フィル・スペクター等に多数の楽曲を提供した。1965年に自身らのプロジェクトとしてザ・トレード・ウィンズを始動させており、RED BIRDレーベルから「New York's A Lonely Town」をナショナルヒットさせている。その後も1966年に「Mind Excursion」をヒットさせ、同年にグループ名をジ・イノセンツ(The Innocence)と改め、「There's Got to Be a Word!」と「Mairzy Doats」をヒットさせた。1969年にはアンダース&ポンシア(Anders & Poncia)名義でWARNER BROS.レーベルにも録音を残す。70年代に入るとヴィンセント・ポンシアはプロデューサーとして、キッスやリンゴ・スター、メリッサ・マンチェスター等を手がけ成功を収めている。