商品情報にスキップ
1 / 2

Soul 45

The Temptations - (Loneliness Made Me Realize) It's You That I Need / Don't Send Me Away

1967 USA Original 45rpm Record [GORDY/7065]

通常価格
¥1,000 JPY
通常価格
セール価格
¥1,000 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント





"クラシック5時代"と呼ばれるモータウンでの黄金期には、メンバー全員がリードをとる最強の実力派のボーカル・グループとして人気を博したデトロイト出身のR&B~ソウル・ボーカル・グループ/ザ・テンプテーションズが、1967年9月26日にGORDYレーベルからリリースしたシングルです。ノーマン・ウィットフィールド・プロデュースによる作品で、ビルボード・ホット100チャートで最高14位、R&Bチャートで最高3位を記録しました。

元々はH=D=H・チームのエディー・ホーランドが1963年に吹き込み未発表となっていた作品です。



グループのメンバーすべてがリードボーカルを取った珍しい作品のひとつで、デヴィッド・ラッフィン、エディ・ケンドリックス、メルヴィン・フランクリン、ポール・ウィリアムス、オーティス・ウィリアムスらそれぞれにソロスポットがあるのが特徴的です。ヒッツビルUSA・スタジオA録音によるモータウンらしいサウンドで、グループがサイケデリック時代に入る前の作品として大きな転換期となった一曲でもあります。作風も哀愁のあるロッカ・バラード・スタイルで、メンバーそれぞれの独唱が染み入る隠れた名作です。

裏面はバラードです。

コンディション:VG(+)/VG(+)/RW
マトリックス番号:U4KM-1763-1-J 296M12 NUN-296M12 / U4KM-1763-1-J 304M11 WIV-304M11

アーティスト【ザ・テンプテーションズ】



R&B~ソウル・ボーカル・グループ。R&Bグループ/ザ・ディスタンツ(The Distants)とザ・プライムス(The Primes)のメンバーにより、1960年にデトロイトで結成されたジ・エルジンズ(The Elgins)が前身。1961年にモータウンのオーディションに合格し、この時にグループ名をザ・テンプテーションズに変更して同社のサブレーベルMIRACLEレーベルに初録音を残す。1962年にGORDYレーベルから「Dream Come True」が初ヒットを記録し、その後からモータウン・レビューのツアーにも参加。1964年からはスモーキー・ロビンソンがプロデュースした「The Way You Do the Things You Do」「Girl (Why You Wanna Make Me Blue)」「My Girl」「It's Growing」「Since I Lost My Baby」「My Baby」「Get Ready」「Ain't Too Proud to Beg」「Beauty Is Only Skin Deep」「(I Know) I'm Losing You」「(Loneliness Made Me Realize) It's You That I Need」等を1968年まで立て続けにヒットさせ、(通称)"クラシック5時代"として黄金期を迎える。この黄金期にはメンバーはデイヴィッド・ラフィン、エディー・ケンドリックス、メルヴィン・フランクリン、ポール・ウィリアムス、オーティス・ウィリアムスの5人で、メンバー全員がリードをとる実力派のボーカルグループとして君臨した。1968年にディヴィッドが抜けてデニス・エドワーズが加わり、プロデューサーにノーマン・ウィットフィールドを迎えた「Cloud Nine」をヒットさせ、新たにサイケデリック・ソウル期を迎える。1970年頃にエディーとポールが脱退(公式には「Just My Imagination (Running Away with Me)」まで)。以降はメンバーチェンジを繰り返しながら、2010年代も現役活動中である。
No reviews