商品情報にスキップ
1 / 2

Sixties 45

The Royal Guardsmen - Snoopy's Christmas / It Kinda Looks Like Christmas

1967 USA Original 45rpm Record [LAURIE/LR 3416]

通常価格
¥1,400 JPY
通常価格
セール価格
¥1,400 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント





フロリダ州オクラで結成されたザ・ポスメン(The Posmen)を前身とするロック・バンド/ザ・ローヤル・ガーズメンが、1967年にLAURIEレーベルからリリースしたシングルです。

ニュージーランドとオーストラリアのシングルチャートで第1位を獲得し、今でもそれらの国で人気のクリスマス・ソングです。ニュージーランドのシングル・チャートに頻繁に再登場しており、1987年、1988年、1989年、2013年の12月にチャートインし、20世紀にニュージーランドで販売された海外シングルとしては最大の売り上げを記録したと推定されています。また、ニュージーランドの2007年のヘラルド紙の読者によって「史上最悪のクリスマスソング」にも選ばれました。カナダでは、この曲は1968年1月6日付で39位になりました。

グループの以前のヒット曲「スヌーピー対レッドバロン」の続編として書かれた曲で、極寒のクリスマスイブにスヌーピーが出かけて行き、レッドバロンと戦うように指示された経緯を架空の物語として描いています。





男爵は長い空中戦の後、スヌーピーを意のままにしますが、彼を撃ち落とす代わりに、スヌーピーを強制的に着陸させ、スヌーピーに騎士道的な休日の乾杯を提供します。その後、スヌーピーとレッドバロンは「それぞれまた別の日に会うことを知りながら」別々の方向に飛びます。

この曲は、第一次世界大戦中の1914年にドイツとイギリスの兵士同士によって行われた「クリスマス休戦」に言及しています。



クリスマス期間には停戦をし、塹壕に閉じ込められた戦闘員たちは戦線を越えてささやかな贈り物を交換したり、ドイツ人はイギリス人にビールを贈ったり、英国人はお返しにタバコと肉の缶詰を送り返したりしました。ノーマンズランドからは死体が撤去され、塹壕の修復と排水が行われ、双方の軍隊が家族の写真を共有し、場所によってはフットボールの親善試合にノーマンズランドを使用したという記録も残されています。この曲では、イギリス軍に呼びかけて休戦協定を結んだのは一般的にドイツ兵であり、この曲の中でクリスマスの手を差し伸べるのはドイツの第一次世界大戦の英雄であるレッドバロンであるため、史実に基づいて描かれています。

裏面もクリスマスをモチーフにしたポップ・ナンバーです。

US盤はノーヒットで珍しいです。

コンディション:NM/NM
マトリックス番号:UK4M--0740-1 A1 / UK4M--0782-1 A1

アーティスト【ザ・ローヤル・ガーズメン】





フロリダ州オクラで結成されたザ・ポスメン(The Posmen)を前身とするロック・バンド。録音は1966年~1972年の間にLAURIEレーベルにあり、「Snoopy vs. the Red Baron」と「Snoopy's Christmas」がヒットしている。
No reviews