商品情報にスキップ
1 / 2

Sixties 45

The Reflections - (Just Like) Romeo & Juliet / Can't You Tell By The Look In My Eyes [LANA label Re-Issue]

1960s(1964) USA Re-Issue 45rpm Record [LANA/L-140]

通常価格
¥800 JPY
通常価格
セール価格
¥800 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント







ミシガン州デトロイト出身のホワイトR&B~ブルーアイド・ソウル・グループ/ザ・リフレクションズが、1964年にGOLDEN WORLDレーベルからリリースした作品の、1960's LANAレーベル・リイシュー・シングルです。

1964年2月にCKLWのヒットパレード、および1964年3月にデトロイトのラジオ局WJBKおよびWKNRのヒットパレードでブレイクしました。1964年4月11日付のビルボード・ホット100チャートで86位にランクされ、1964年5月30日付のビルボード・ホット100チャートでピークの6位に上がりました。ニュージーランドのチャートでは最高5位に達しました。

ザ・マーヴェレッツの「プリーズ・ミスター・ポストマン」の作者でもあるフレディー・ゴーマンとボブ・ハミルトンが作詞作曲をした作品で、リードシンガーのトニー・ミカレ他、メンバーはポップ過ぎて好意を示さなかったそうです。バッキングの録音はデトロイトのユナイテッド・サウンド・システムで行われ、ボーカルとコーラスの録音はシカゴのRCAレコーディング・スタジオで行われました。ミカレによると、グループのメンバーはまだこの歌のリリースを冗談だと考えており、ファルセットのコーラス「ドゥードゥードゥー」は、ボーカルを煽るアドリブでの冗談だったと言います。

ドゥーワップ・スタイルのクラッシーなR&Bを、力強いデトロイト・サウンドに乗せた60's ブルーアイドR&B・クラシックス!

1972年のELEKTRAレーベル編集によるコンピレーションアルバム『Nuggets』に収録された、ガレージロックバンドのマイケル&ザ・メッセンジャーズは、1967年にシングルとしてカバーバージョンをリリースしました。



1975年にシャナナのバージョンは全米ポップチャートで最高55位、およびイージーリスニングチャートで最高47位を記録しました。





シャナナのライバルであるフォーレン・エンジェルスによるバージョンは全米ポップチャートで最高106位に達しました。



1980年、メンタル・アズ・エニシングのバージョンはオーストラリアのチャートで最高27位に達しました。



日本では、クレイジー・ケン・バンドの横山剣氏在籍時のクールス.R.C.によるカバーがあります。



裏面はドゥーワップ調のノスタルジックなバラードです。

コンディション:VG+/VG(+)/WOL/RW/RI
マトリックス:L-140A / L-140-B

アーティスト【ザ・リフレクションズ】



ホワイトR&B~ブルーアイド・ソウル・グループ。ミシガン州デトロイト出身。録音はGOLD WORLDレーベルにあり、1964年に「(Just Like) Romeo and Juliet」がナショナルヒットし、以降も「Like Columbus Did」「(I'm Just) A Henpecked Guy」「Shabby Little Hut」「You're my Baby (And Don't You Forget It)」「Poor Man's Son」がヒットしている。1966年にABC PARAMOUNTレーベルにも録音がある。
No reviews