商品情報にスキップ
1 / 2

R&B 45

The Harptones - Mambo Boogie / Sunday Kind Of Love

1961 USA Original 45rpm Record [RAVEN/8001]

通常価格
¥3,400 JPY
通常価格
セール価格
¥3,400 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント







「ライフ・イズ・バット・ア・ドリーム」や「サンデー・カインド・オブ・ラブ」といった名曲が知られるニューヨーク出身のR&B・グループ/ザ・ハープトーンズが、1961年にRAVENレーベルからリリースしたシングルです。

ラテンの「マンボ」をモチーフに、ブギウギと融合させたオリジナル・ナンバーで、熱気あるアフロ・キューバン・リズムをバックに、迫力満点のコーラスで豪快にハモる60's ルンバ・ドゥーワップ・パーティー・チューン!ダンスものがお好きな方にもおすすめです。

V.Aコンピレーション・アルバム『Mambo Americano - 63 Mambo-tastic Tracks From The American Dance Craze』や『Ai! Si! Si!』に収録されています。





裏面は1953年12月にBRUCEレーベルから出された作品のカップリングです。



バーバラ・ベル、アニタ・レナード、スタン・ローズ、ルイ・プリマによって書かれ、1946年に発表されたポピュラーソングのカバーです。1946年11月11日にクロード・ソーンヒルと彼のオーケストラによって初めて録音されました。



ハープトーンズのバージョンは、やはりコーラス・ワークが秀逸で、サビの部分にかけて重厚に重なり合うハーモニーはまさに絶品そのもので、初期ドゥーワップの最高傑作のひとつと言っても過言ではないバージョンです。

コンディション:VG+/VG+/WOL
マトリックス番号:8001-B BellSound / 8001-A BellSound

アーティスト【ザ・ハープトーンズ】










R&B・グループ。1951年にニューヨークのワドリー中学に通う友人同士で結成されたザ・スカイラークス(The Skylarks)が母体で、1953年にニューヨーク・マンハッタンで結成されたザ・ハープス(The Harps)が前身となる。録音は1953-1964年の間にBRUCE, PARADISE, ANDREA, RAMA, TIP TOP, GEE, WARWICK, COED, COMPANION, CUB, KT, BEPのレーベルにあり、「Sunday Kind of Love」、「Why Should I Love You?」、「Life is But a Dream」、「The Shrine of St. Cecilia」の4曲が代表作品として知られている。ラウウル・J.・シータ(Raoul J. Cita)が作曲する優れたメロディーと、ウィリー・ウィンフィールド(Willie Winfield)によるテナーヴォーカル、そして卓越したハーモニーが魅力で、特にドゥーワップ・ツウの方に支持される名グループである。
No reviews