商品情報にスキップ
1 / 2

Sixties 45

The Beach Boys - Good Vibrations - Heroes & Villains (Re-Issue)

1970s(1966&1967) USA Re-Issue 45rpm Record [BROTHER-REPRISE/GRE 0103]

通常価格
¥1,200 JPY
通常価格
セール価格
¥1,200 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント





多くのヒット曲と名作の数々で、1960年代を代表するアメリカン・ロックンロール&ポップ・グループ/ザ・ビーチ・ボーイズが、1966年10月10日にCAPITOLレーベルからリリースした作品の70's 正規リイシューです。ブライアン・ウィルソン・プロデュースによる作品で、ビルボード・ホット100チャートで最高1位を記録しました。「アイ・ゲット・アラウンド」と「ヘルプ・ミー・ローンダ」に続き、ビーチボーイズの米国で3番目のナンバーワンヒットとなりました。英国での最初のナンバーワンでもあり、英国では、歌は最初の15日間で50,000部以上を販売した。シングルは、リリース後4日以内に米国で230,000部以上を販売し、10月22日にキャッシュボックスチャートで61位に入っています。ビーチボーイズの最初のミリオンセラーとなり、1966年12月にはRIAAによるゴールドディスク認定を受けています。次いで2016年3月30日、シングルはRIAAによってプラチナ認定を受けました。1966年の最優秀ボーカルグループ・パフォーマンスのグラミー賞にノミネートされ、グラミーの殿堂入りを果たしています。2010年にローリング・ストーンの選ぶ「オールタイム・グレイテスト・ソング500」では6位に選ばれ、1994年にモージョーマガジン誌が選ぶ「トップ・100・レコーズ・オブ・オール・オブ・タイム」で1位に選ばれました。さらにロックンロールの殿堂が選ぶ「ロックンロールを成形した500曲」のうちの一つにも選ばれています。

ブライアン・ウィルソンが作曲し、マイク・ラブが作詞した楽曲で、複雑なサウンドスケープ、エピソード構造、常識を覆すポピュラーミュージックの式が特徴的で、リリースされたそれまでのレコードの中で最も高価なシングルでした。その後、ロック時代の最も重要な作品の1つとして広く称賛される様になっています。

「グッド・バイブレーションズ」の制作は、あらゆるジャンルの録音で前例のないものでした。アルバム『ペット・サウンズ』を構築している間、ブライアンは彼のバンド仲間と、1966年2月から9月にかけて、ハリウッドにある4つの異なるスタジオのミュージシャンに演奏を依頼し、セッションでは90時間以上のテープが消費され、総生産コストは50,000ドルから75,000ドル(2018年では390,000ドルから580,000ドルに相当)と見積もられています。それに比べて、アルバム『ペット・サウンズ』全体の制作コストは70,000ドル(現在で約540,000ドル)で、アルバム一枚にかけた経費を上回る驚異的な投資金額です。ブライアンは、後のインタビューで「グッド・バイブレーションズ」にかかった経費については、金額が減額していっているので真相は不明のままですが、相当のお金をかけた事だけは間違いなさそうです。

バンドの広報担当者、デレク・テイラーはこの珍しい作品を「ポケット・シンフォニー」と呼びました。実験的なポップスの波とサイケデリックでプログレッシブ・ロックの始まり、そして楽器としてのレコーディングスタジオの使用の開発を助けました。このトラックは、ジョーハープやエレクトロテルミンなど、以前は試されなかった楽器のミックスを特徴としており、後者は本当のテルミンではありませんが、歌の成功はテルミンとシンセサイザーの新たな関心と販売につながりました。

若い世代によって突然明らかにされた新しい牧歌的な風景は、静かで、平和で、調和のとれた内部空間への旅行を提供しました。外界の煩わしさと不満は捨てられ、新しいビジョンが代わりに置かれました。「グッド・バイブレーション」は、精神的な静けさと内なる平和から生じる健康的な発散を示唆することに成功しています。「バイブレーション」という言葉は、さまざまな目的で東洋哲学とアシッドヘッドの学生によって使用されていましたが、ウィルソンはここで一種の超感覚的な経験を示唆するためにそれを使用します。ブライアンは後に、歌がLSDではなくマリファナの影響下で書かれたことを明らかにしています。

音楽理論家ダニエル・ハリソンによると、作品には6つのユニークなセクションがあると分析しています。「詩、リフレイン(コーラス)、最初の一時的な余談、二度目のエピソード脱線、レトロリフレイン、コーダ」です。部分的には、歌の録音の性質により、各セクションに独特の音楽的質感があります。トラックのインストゥルメンタルは、セクションごとに根本的に変化します。エキゾチックな楽器、複雑なボーカルアレンジメント、多くのダイナミックなクレッシェンドとデクレッシェンドが全て組み合わさり、ほとんどのポップミュージックとは一線を画しています。再生時間も、1966年後半のAMラジオ規格では、曲の最終実行時間3:35は「非常に長い」と見なされていました。既存のポップ音楽の全てのルールを破る驚愕の型です。

「グッド・バイブレーションズ」は、楽器としてのレコーディングスタジオの使用をさらに発展させたと評価されています。この曲は、ビートルズの『リボルバー』と共に、レコードにしか存在出来ないスタジオ・プロダクションへのロックの変革の主要な提案者でした。他のアーティストやプロデューサー、特にビートルズとフィル・スペクターは、以前は複雑なスタジオ作品を作成するために様々な楽器とマルチトラッキングを使用していました。そして他にも、ロイ・オービソンの様な人達は、以前に複雑なポップソングを書いていました。しかし、「グッド・バイブレーションズ」は、プロダクションとしての複雑さと、ポップソングの構成方法の両方で、従来の概念に囚われない自由度で、それ以前の全ての価値観を覆しました。ロック音楽の発展における画期的な出来事でした。「グッド・バイブレーションズ」は、現在のロック・ルネッサンスで最も革命的な作品であることがまだ証明されています。全ての可聴音と全ての無音は、曲の3分35秒全体に影響します。それは究極のスタジオ・プロダクションであり、感情的な意味でのロックンロールでありながら、その空間的な次元の概念(それまでのロックンロールの固定概念という意味)ではロックの様ではありません。

1976年のトッド・ランググレンによるカバー・バージョンがシングルとしてリリースされ、ビルボード・ホット100チャートで34位に達しています。


裏面は1967年7月24日にBROTHER/CAPITOLレーベルからリリースした作品のカップリングです。ザ・ビーチ・ボーイズ・プロデュースによる作品で、ビルボード・ホット100チャートで最高12位、UKシングルチャートで最高8位を記録しました。

1967年のアルバム『スマイリー・スマイル』用の未完のプロジェクト曲です。ブライアン・ウィルソンとヴァン・ダイク・パークスによる初コラボレーションとして書かれた曲で、「グッド・ヴァイブレーション」の録音と芸術的成果を超えるオールド・ウェストをテーマにしたミュージカル・コメディーとして構想しました。歌詞はカリフォルニアの初期の歴史に基づいており、スペインとアメリカのインディアンについて言及しています。

2004年に、ブライアン・ウィルソンはアルバム『ブライアン・ウィルソン・プレゼンツ・スマイル』を仕上げるために、この曲とその関連曲をリメイクしました。



コンディション:VG++/VG+/RI
マトリックス番号GRE-0103 RCA-3809-W1 / GRE-0103 RCA-3810-W1

アーティスト【ザ・ビーチ・ボーイズ】











ロック&ポップ・グループ。ブライアン、デニス、カールのウィルソン兄弟と従兄弟のマイク・ラブ、友人のアル・ジャーディンの五人が、1961年にカリフォルニア州ホウソーンで結成したザ・ペンデルトンズ(The Pendletones)が前身。1961年にザ・ビーチ・ボーイズとグループ名をあらため、CANDIXレーベルに初録音後、1962年に大手CAPITOLレーベルと契約。初期の1962-1964年頃は「Surfin' Safari」「Surfin' U.S.A.」「I Get Around」といった“サーフ&ホットロッド”をテーマにしたロックンロールで人気を博す。初期は主にザ・フォー・フレッシュメンやジャン&ディーンのコーラス・スタイルと、チャック・ベリーのロックンロールをブレンドさせた独自のロックンロールとして影響力を持った。1964年の暮れ頃からリーダーのブライアン・ウィルソンはライヴ遠征には同行せず、スタジオワークに重点を置く様になり、クリエイティヴな作品作りやアルバムの制作に取り組み、1965年にはアルバム『Today!』と『Summer Days』を発表。ブライアンの情熱はさらに増し、1966年には遂にロック・アルバムの金字塔と呼ばれる名盤『Pet Sounds』を完成させ、同年にはこれまた傑作のシングル「Good Vibrations」を発表し、後世で高く評価されています。1965年からはブライアンに変わるツアーメンバーとしてブルース・ジョンストン(ブルース&テリーやザ・リップ・コーズ等を手がけた才能ある名人)が参加し、以降は正式なメンバーとして活動している。
No reviews