商品情報にスキップ
1 / 2

Soul 45

Pigmeat Markham - Here Comes The Judge / The Trial

1968 USA Original 45rpm Record [CHESS/2049]

通常価格
¥1,800 JPY
通常価格
セール価格
¥1,800 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント





卒業式帽子をかぶったファンキーな裁判官キャラでテレビ番組等でも人気を博した、ノースキャロライナ州ダーハム出身の黒人エンターテナー、コメディアン、歌手、俳優、ダンサー/ピグミート・マークハムが、1968年にCHESSレーベルからリリースしたシングルです。ジーン・バージ・プロデュースによる作品で、ビルボード・ホット100チャートで最高19位、R&Bチャートで最高4位を記録しました。

裁判官をモチーフにしたコメディーソングでしたが、ド級のファンク・サウンドと、そのリズムに合わせたリズミカルなボーカルが生み出したエポックメイクングなサウンドは、「ヒップホップ」音楽の原型であるとみなされる名作です。NETFLIXにある2016年のドキュメンタリー『ヒップホップ・エボリューション』の中でも本作がヒップホップのルーツとして取り上げられていました。

裏面は彼のお笑い舞台を収録した、コメディー録音作品です。

コンディション:VG(+)/VG(+)/RW
マトリックス番号TM-2732 16904 / 16995

アーティスト【ピグミート・マークハム】



黒人エンターテナー、コメディアン、歌手、俳優、ダンサー。1904年ノースキャロライナ州ダーハム生まれで、1981年に死去。本名は Dewey ""Pigmeat"" Markham で、愛称は「Sweet Poppa Pigmeat」。初期は地元のバーレスク・ショウ等でキャリアをスタートさせ、1920年代にはベッシー・スミスの楽団にも参加。1930年代はトラッキング・ダンサーとして活動し、50年代にはニューヨークの名門アポロ・シアターや、テレビ番組「エド・サリヴァン・ショウ」等にも出演。その後、卒業式帽子をかぶったファンキーな裁判官キャラが定着していき、1968年にはCHESSレーベルにコメディー作品を残している。
No reviews