商品情報にスキップ
1 / 3

Sixties 45

Led Zeppelin - Immigrant Song / Hey, Hey, What Can I Do (Re-Issue)

1970 USA Original 45rpm Record [ATLANTIC/45-2777]

通常価格
¥2,800 JPY
通常価格
セール価格
¥2,800 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント







レコードの総販売枚数は世界中で2億から3億枚と推定されている史上最も売れた音楽アーティストの1つとして知られるイギリスのロック・バンド/レッド・ツェッペリンが、1970年11月5日にATLANTICレーベルからリリースしたシングルです。ジミー・ペイジ・プロデュースによる作品で、ビルボード・ホット100チャートで最高16位、USキャッシュボックスチャートで最高8位、カナダのCHUMチャートで最高2位を記録しました。ローリングストーン誌は「史上最も偉大なヘヴィメタルソング100曲」のリストで18位にランク付けしました。

1970年のアルバム『レッド・ツェッペリン III』に収録されました。レッド・ツェッペリンは一般にアルバム志向のグループとみなされていますが、「イミグラント・ソング」はバンドのいくつかのヒット・シングルのうちの1つです。邦題「移民の歌」は、1970年の夏にレッド・ツェッペリンがアイスランド、バース、ドイツを巡るツアー中に書かれました。曲は繰り返されるリフに基づいて構築されており、北欧神話への叙情的な言及が特徴的で、歌手のロバート・プラントの遠吠えするボーカルが戦争とヴァルハラについて言及しています。プラントの独特の泣き叫び声で始まり、ギタリストのジミー・ペイジ、ベーシストのジョン・ポール・ジョーンズ、ドラマーのジョン・ボーナムによるスタッカートのリフの繰り返しで構成されています。ブルドーザーのようなリズムと、比類のない楽器のインパクト、音楽の背後で響き渡るプラントのダブルトラックの言葉のない痛烈なボーカルは、野蛮な豊饒の儀式の地獄のような明かりの中で嘆く人食いによるコーラスのようなものだと、その怪しさを賞賛されています。

裏面は1972年にATLANTICレコードのコンピレーション・アルバム『ニュー・エイジ・オブ・アトランティック』に収録された作品のカップリングです。

オリジナル・カンパニースリーブ付きです。

コンディションNM/NM
マトリックス番号:ST-A-19953-10 / ST-A-20450-10

アーティスト【レッド・ツェッペリン】















1968年にロンドンで結成されたイギリスのロック・バンド。ボーカリストのロバート・プラント、ギタリストのジミー・ペイジ、ベーシスト兼キーボード奏者のジョン・ポール・ジョーンズ、ドラマーのジョン・ボーナムで構成されていた。ヘヴィなギター主導のサウンドで、彼らはハード・ロックとヘヴィ・メタルの祖先の1つとして挙げられていますが、そのスタイルはブルースやフォーク・ミュージックなどさまざまな影響を受けている。レッド・ツェッペリンは、特にアルバム指向のロック(AOR)とスタジアム・ロックの発展において、音楽業界の性質に大きな影響を与えたと評価されている。当初はザ・ニュー・ヤードバーズという名前だったレッド・ツェッペリンは、ATLANTICレコードとかなりの芸術的自由を与える契約を結んだ。当初は批評家からは不評だったが、10年間で8枚のスタジオアルバムをリリースし、商業的に大きな成功を収めている。1969年のデビュー作『レッド・ツェッペリン』はいくつかの国でトップ10入りを果たし、「グッド・タイムズ・バッド・タイムズ」、「デイズド・アンド・コンフューズド」、「コミュニケーション・ブレイクダウン」などの曲が収録されていた。『レッド・ツェッペリン II』(1969)は彼らにとって初のナンバーワン・アルバムとなり、「ホール・ロッタ・ラヴ」、「ハートブレイカー」、「ランブル・オン」を生み出した。1970年に、「移民の歌」と「シンス・アイヴ・ビーン・ラビング・ユー」をフィーチャーした『レッド・ツェッペリン III』。彼らの無題の4枚目のアルバムは、一般的に『レッド・ツェッペリン IV』(1971)として知られており3,700万枚を売り上げた史上最も売れたアルバムの1つである。アルバムには「ブラック・ドッグ」、「ロックンロール」、「ステアウェイ・トゥ・ヘヴン」が含まれており、後者はロック史上最も人気があり影響力のある作品の一つとして知られている。『ハウス・オブ・ザ・ホーリー』(1973年)は、「ザ・ソング・リメインズ・ザ・セイム」、「ザ・レイン・ソング」、「オーバー・ザ・ヒルズ・アンド・ファー・アウェイ」を生み出した。『フィジカル・グラフィティー』(1975年)のダブルアルバムには、「ザ・ローヴァー」、「トランプルド・アンダー・フット」、「カシミア」が収録されている。ペイジはレッド・ツェッペリンの音楽のほとんど、特にキャリアの初期に作曲し、プラントは歌詞のほとんどを書いた。ジョーンズのキーボードベースの作品は後に彼らの音楽の中心となり、実験性が増してきた。彼らのキャリアの後半には、一連の記録破りのツアーが行われ、グループは行き過ぎと放蕩行為で評判を落とした。彼らは商業的にも批評的にも成功を収め続けたが、彼らのツアーと作品は活動の限界を迎え、1980年のボーナムの死後、グループは彼なしでは「レッド・ツェッペリン」ではないと感じて解散した。それ以来、生き残った元メンバーは散発的にコラボレーションし、単発のコンサートに参加している。これらの中で最も成功したのは、ボーナムの息子ジェイソン・ボーナムがドラムを担当した、2007年のロンドンでのアーメット・アーティガン・トリビュート・コンサートだった。レッド・ツェッペリンは、史上最も売れた音楽アーティストの1つである。レコードの総販売枚数は世界中で2億から3億枚と推定されている。彼らは、8枚連続の英国ナンバー1アルバムと、米国ビルボード200で6枚のナンバー1アルバムを達成し、そのうちの5枚のアルバムが米国でダイアモンドに認定された。ローリング・ストーン誌は彼らを「史上最もヘヴィなバンド」、「70年代最大のバンド」、「間違いなくロック史上最も不朽のバンドの一つ」と評した。彼らは1995年にロックンロールの殿堂入りを果たし殿堂のバンドの伝記には、彼らが1960年代のビートルズと同じくらい1970年代に「影響力を持っていた」と記載されている。
No reviews