商品情報にスキップ
1 / 2

Sixties 45

Jan & Dean - Sidewalk Surfin' (Mono) / Sidewalk Surfin' (Stereo) (Promo, 1975 Re-Issue)

1975(1964) USA Re-Issue 45rpm Record [UNITED ARTISTS/UA-XW670-Y]

通常価格
¥500 JPY
通常価格
セール価格
¥500 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント





60年代における多くのヒットで人気を博したジャン・ベリーとディーン・トーレンスによるポップ・ボーカル・デュオ/ジャン&ディーンが、1964年にLIBERTYレーベルからリリースした作品の、1975年UNITED ARTISTSレーベル・リイシューです。ジャン・ベリー・プロデュースによる作品で、ビルボード・ホット100チャートで最高25位を記録しました。


Sidewalk Surfin' by Jan & Dean

ザ・ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンと、ロジャー・クリスチャンが書いた曲で、ザ・ビーチ・ボーイズの「キャッチ・ア・ウェーヴ」の改作です。


Brian Wilson, Roger Christian



「スケボー」をモチーフにしたロックンロール・ナンバーを、ザ・レッキング・クルーによる演奏と、ザ・ファンタスティック・バギーズのコーラスで仕上げた、ザ・ビーチ・ボーイズ・スタイルの極上ボーカル・サーフ・ポップスです。


The Wrecking Crew


The Fantastic Baggys (P.F. Sloan & Steve Barri)

プロモ盤につき、裏面は「サイドウォーク・サーフィン」のトゥルー・ステレオ・バージョンのカップリングで、こちらはこちらで音が良いのでおすすめです。

コンディション:NM/NM/WOL/RI/DJ
マトリックス番号UA-15910 / UAST-15910-

アーティスト【ジャン&ディーン】



ポップ・オーカル・デュオ。ロサンジェルス出身のジャン・ベリー(Jan Berry)が、友人バロン・アーニー・ギンズバーグ(Baron Arnie Ginsburg)とコンビを組み、ジャン&アーニーで1958年にARWINレーベルよりデビュー。その直後にアーニーではなく、ディーン・トーレンス(Dean Torrence)との新コンビ、ジャン&ディーンを結成して活動。1958-1963年の間にはDORE, CHALLENGEレーベルに録音を残し、ドゥーワップ・スタイルのマルチ・パート・ヴォーカルを取り入れた「Baby Talk」、「Heart & Soul」、「Linda」等をヒットさせており、この時期の作品はザ・ビーチ・ボーイズや、後のサーフ・コーラスにも影響を与えたと言われる。その後LIBERTYレーベルに移籍し、当時の若者文化を象徴するサーフィンやホット・ロッド、スケボー等をモチーフにした「Surf City」、「Drag City」、「Dead Man's Curve」、「The Little Old Lady from Pasadena」等を連続ヒットさせ人気を博しました。1965年以降はサーフ・ブームも収束し、1966年にはジャンは自らが歌った「Dead Man's Curve」(ビバリーヒルズに実在する“魔のカーブ”)で事故を起こしたり、紆余曲折あったものの活動を続け、ジャンが他界する2004年までコンビで活動している。またジャン・ベリーは裏方としても才能を発揮し、多数のアーティストのプロデュースやアレンジ、作曲等にも携わった。
No reviews