商品情報にスキップ
1 / 2

Oldies 45

Jack Scott - My True Love / Leroy

1958 USA Original 45rpm Record [CARLTON/462]

通常価格
¥1,800 JPY
通常価格
セール価格
¥1,800 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント





カナダ・オンタリオ州ウィンザー出身のロックンロール・シンガー・ソングライター、ギタリスト/ジャック・スコットが、1958年にCARLTONレーベルからリリースしたシングルです。

ビルボード・ホット100チャートで最高3位、ビルボード・R&Bチャートで最高5位、カナダのCHUMチャートで最高1位、英国シングルチャートで最高9位を記録しました。ゴールド・レコードを受賞しました。

スコットが書いた曲で、ドゥーワップ調のラヴ・バラードです。ギターを主体としたシンプルなバンドの演奏に、ボーカル・グループのザ・チャントーンズ(The Chantones)のコーラスをフィーチャーした50's ロックンロール・バラード・クラシックスです。

裏面もヒットしており、ビルボード・ホット100チャートで最高25位を記録しました。こちらもスコット作によるアップテンポ曲で、本格的なロカビリー・サウンドでワイルドに攻める50's ロックンロール・クラシックス!

コンディション:VG+/VG+
マトリックス番号CRC-150-45-1T / CRC-149-45 #2 -1T


アーティスト【ジャック・スコット】



Jack Scott(本名:Giovanni Domenico Scafone, Jr./1936年1月24日~2019年12月12日)カナダ系アメリカ人シンガー・ソングライター。2011年にカナダのソングライターの殿堂入りを果たし、「紛れもなく史上最高のカナダのロックンロール歌手」と呼ばれた。スコットは幼少期をミシガン州デトロイトから川を隔てたオンタリオ州ウィンザーで過ごした。彼が10歳の時、家族はデトロイト郊外のヘイゼルパークに引っ越した。彼はヒルビリー音楽を聴いて育ち、母親のローラからギターの弾き方を教わった。10代の頃、彼は歌手のキャリアを追求し、 「ジャック・スコット」として録音した。18歳でサザン・ドリフターズを結成。3年間バンドを率いた後、1957年にソロアーティストとしてABC PARAMOUNTレコードと契約した。その後CARLTONレコードに移籍し、1958年には「リロイ」と「マイ・トゥルー・ラヴ」の両面ナショナルヒットを記録しゴールドディスクとなった。1958年後半、「ウィズ・ユア・ラヴ」がトップ40に到達した。「グッバイ・ベイビー」がトップ10に入った直後の1959年は、ほとんどの間アメリカ陸軍に勤務した。スコットのレコーディングでは、ボーカルグループのザ・チャントーンズ(The Chantones)がコーラスをバックアップしている。1960年の初めに、TOP RANKレコードに移り、「ワット・イン・ザ・ワールズ・カム・オーバー・ユー」(2度目のゴールドディスク受賞曲)、「バーニング・ブリッジズ」、「オー、リトル・ワン」、「イット・オンリー・ハップンド・イエスタデー」がナショナルヒットしている。1960年代と1970年代に録音と演奏を続けた。スコットは、41か月の短期間で19枚の米国シングルをリリースし、「バーニング・ブリッジズ」を除いて、すべてのヒット曲を自分で作曲した。ロイ・オービソンとエルヴィス・プレスリーと並んで、当時の白人のロックンローラーで、ジャック・スコットほど優れた音域を備えた声を持ち味に、より説得力のあるロカビリー、ロックンロール、カントリーソウル、ゴスペル、ブルースといった一連の作品を生み出した人はいないと評価される名歌手である。