商品情報にスキップ
1 / 2

R&B 45

Ike & Tina Turner - It's Gonna Work Out Fine / Won't Forgive Me

1961 USA Original 45rpm Record [SUE/749]

通常価格
¥1,400 JPY
通常価格
セール価格
¥1,400 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント





60年代を代表する男女R&Bデュオとして知られるアイク&ティナ・ターナーが、1961年にUS SUEレーベルからリリースしたシングルです。全米ポップチャートで14位、R&Bチャートで2位を記録し、出世作となったデュオの代表作品です。

ミッキー&シルヴィアの「ラヴ・イズ・ストレンジ」に触発された作品で、ティナ・ターナーのシャウトに応えて、アイクとジ・アイケッツのコーラスがパワフルに掛け合う60's R&B・クラシックス!



イギリスのマンフレッド・マンや、ザ・スペンサー・ディヴィス・グループ等がカバーしています。





裏面はバラード作品です。

コンディション:VG/VG/WOL/RW
マトリックス番号SR1018 / SR1019

アーティスト【アイク&ティナ・ターナー】



夫婦R&B~ソウル・デュオ。50年代には自身のバンド ザ・キングス・オブ・リズムを率いて、タレント・スカウト、プロデュース、演奏を行っていたブルース界の名人アイク・ターナーが、1960年に妻となったアンナ・メイ・ブロック(ティナ・ターナー)とデュオとして結成した。1960年にSUEレーベルからデビューし、「A Fool in Love」が初ヒットを記録。以降70年代の中盤までKENT, PHILLES, WARNER BROS., LOMA, LIBERTYレーベル等に録音しており、「It's Gonna Work Out Fine」「I Idolize You」「River Deep - Mountain High」「I Want to Take You Higher」「Proud Mary」等が代表作品として知られている。また「ジェームス・ブラウン・レビュー」や、「モータウン・レビュー」とも並ぶR&B~ソウル・ショウでも人気を博した。初期はアイク・ターナーのバンドの演奏によるブルージーで無骨なリズムに、ソウルフルなティナのシャウトと、コーラス隊ジ・アイケッツのパワフルなコーラスが融合し、新時代のR&B=ソウル・ミュージックを築いた。ティナ・ターナーは、80年代以降に復活してソロとしても活動している。

アーティスト【ジ・アイケッツ】



女性R&B・グループ。1960年にアイク&ティナ・ターナーの為のコーラス隊として結成された。メンバーはかなり流動的だったが、P.P.アーノルド、ボニー・ブラムレット、ヴェネッタ・フィールズ、ブレンダ・ホロウェイらが入れ替わりで参加した。アイク&ティナのバッキング以外でも、グループ単独での録音がMODERN, ATCO等のレーベルにあり、「I'm Blue (The Gong-Gong Song)」と、「Peaches 'n' Cream」がナショナルヒットしている。アイク&ティナのバッキングでショウに華を添えただけでなく、ティナにも負けず劣らずのパワフルなリードとコーラスで人気を博した。
No reviews