商品情報にスキップ
1 / 3

R&B 45

Chuck Willis - Kansas City Woman / It's Too Late

1956 USA Original 45rpm Record [ATLANTIC/1098]

通常価格
¥2,000 JPY
通常価格
セール価格
¥2,000 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント





OKEH~ATLANTICレーベルに素晴らしい歌声で上質なR&Bを残した、早世の天才歌手/チャック・ウィリスが、1956年にATLANTICレーベルからリリースしたヒットシングルです。

ウィリス自作によるブルージーなアップテンポ・ナンバーで、テナーサックス奏者のジーン・バージがセッションに参加したスモールコンボ・バンドの演奏に乗せて、硬質&豪快なボーカルで歌いあげるブラック・ロックンロール・ナンバー!

裏面は全米R&Bチャートで最高3位を記録したヒット作品で、後にオーティス・レディング、ロイ・オービソン、バディ・ホリー、エリック・クラプトンらによってもカバーされたR&Bバラードの名作です。









<参加ミュージシャンと録音場所+日時>
Chuck Willis [Kansas City Women] [It's Too Late]
2 unknown, alto sax; Gene Barge, tenor sax;

オリジナル・カンパニースリーヴ付きです。B面プレス状態に起因するチリノイズが出ます。

コンディション:VG(+)/VG(+)
マトリックス番号:45-A-1950-2 / 45-A-1948-1

アーティスト【チャック・ウィリス】
R&B・シンガー。1928年ジョージア州アトランタ生まれで、1958年に同地にて胃潰瘍が原因で30歳の若さで死去。本名は Harold ""Chuck"" Willis で、愛称は“The King of the Stroll”。1951年に地元ラジオ局のDJゼナス・シアーズ(Zenas Sears)主催のタレントコンテストで注目され、ゼナス・シアーズがマネージャーとなり、同年COLUMBIAレーベルと契約。COLOMBIAのサブ・レーベルとなるOKEHレーベルからデビューし、1952年に「My Story」が初ヒットを記録。1956年ATLANTICレーベルに移籍し、「C.C. Rider」が大ヒットしたほか、「What Am I Living For?」はミリオンセラーを記録しゴールドディスクを受賞している。頭に巻いたターバンと、がなり声に近い強いアタックのボーカルで人気を博した早世の名歌手である。
No reviews