商品情報にスキップ
1 / 2

R&B 45

Chuck Jackson - What'cha Gonna Say Tomorrow / Angel Of Angels

1962 USA Original 45rpm Record [WAND/119]

通常価格
¥1,600 JPY
通常価格
セール価格
¥1,600 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント





1980年頃までのヒット曲の数々と、ビリー・エクスタインやジャッキー・ウィルソンに影響を受けた、品格のあるダイナミックな唱法で人気を博したR&B~ソウル・シンガー/チャック・ジャクソンが、1962年にWANDレーベルからリリースしたシングルです。ルーサー・ディクソン・プロデュースによる作品です。

ルーサー・ディクソンとジャクソンらが競作をしたメロディアスな楽曲を、ティーチョ・ウィルシャイアが指揮する上質なオーケストラサウンドに乗せて熱唱ボーカルで歌い上げる60's ポップR&B・ナンバー!

裏面はブルージーな楽曲を洗練されたサウンドで仕上げたポップR&Bとなる2サイダーです。

コンディション:VG++/VG++/RW
マトリックス番号:W-119-A / W-119-B

アーティスト【チャック・ジャクソン】











R&B~ソウル・シンガー。1937年サウスキャロライナ生まれで、ピッツバーグ育ち。初期はR&Bグループ/ザ・ヴァーサタイルズ(The Versatiles)に在籍し、その後ザ・デル・ヴァイキングス(The Del-Vikings)に参加してFEE BEE, DOTレーベルに初録音をする。1959年にソロ歌手としてチャールズ・ジャクソン名義でPETITE, CLOCKレーベル、1960年にチャック・フラミンゴ名義でCLOCKレーベルに録音。1961年にWANDレーベルと契約を交わし、「I Don't Want To Cry」、「Any Day Now」といった都会的なR&B~ポップ・ソウルをヒットさせチャートの常連となっていく。1968年以降はMOTOWN, ABC, ALL PLATINUM, BULLDOG, EMI AMERICAレーベルに録音があり、1980年頃までチャートヒットを続けている。ビリー・エクスタインや、ジャッキー・ウィルソンに影響を受けた、ダイナミックで品格のあるボーカル・スタイルに特色のある名歌手である。

 

No reviews