商品情報にスキップ
1 / 2

R&B 45

Chuck Berry - Back in the U.S.A. / Memphis, Tennessee

1959 USA Original 45rpm Record [CHESS/1729]

通常価格
¥3,800 JPY
通常価格
セール価格
¥3,800 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント







(ザ・ビートルズの)ジョン・レノンは「ロックンロールに別名を与えるとすれば“チャック・ベリー”だ」と述べている程に、ロックンロール音楽に強い影響を与えた最重要人物として知られるR&B・シンガー、ソングライター、ギタリスト/チャック・ベリーが、1959年6月にCHESSレーベルからリリースしたシングルです。ビルボード・トップ100チャートで37位、R&Bチャートで16位を記録しました。後に1962年のアルバム『モア・チャック・ベリー』に含まれていた。

歌の歌詞は、オーストラリアへの旅行の後に米国に戻り、オーストラリアの原住民の生活水準を目撃したベリーは、アメリカでの自分自身の生活と比較して書かれたと思われます。具体的にはドライブインやコーナーカフェなどの毎日の楽しみに敬意を表しており、例えばハンバーガーはオープングリルで昼夜を問わずホットであり、レコードで皆がジャンプするジュークボックス等についても言及されています。

セッションはレナードとフィル・チェスによってプロデュースされ、1959年2月17日にイリノイ州シカゴで録音されました。チャック・ベリーのボーカルとギター、ジョニー・ジョンソンのピアノ、ウィリー・ディクソンのベース、フレッド・ブロウのドラム、コーラスにはエッタ・ジェームズとザ・マーキーズ(The Marquees aka Harvey & the New Moonglows)によるもので、若きマーヴィン・ゲイが参加しています。

MC5、ジョナサン・リッチマン、リンダ・ロンシュタットらがカバーしたほか、ザ・ビートルズの「バック・イン・ザ・U.S.S.R.」にも影響を与えたと言われています。







裏面は1963年に英国シングルスチャートで最高6位を記録した2サイダー盤です。録音は1958年7月にセントルイスにあったチャック・ベリーの自宅で録音されており、チャック・ベリーのボーカル&ギターに、ギターとベース、ジャスパー・トーマスのドラムをオーバーダビングして仕上げています。ロニー・マックやジョニー・リヴァースほか多くに取り上げられ、ロックのスタンダードとなった名作です。




コンディション:NM/NM/SOL
マトリックス番号:9237 / 9072n

アーティスト【チャック・ベリー】
Charles Edward Anderson ""Chuck"" Berry (born October 18, 1926 St. Louis, Missouri, U.S. - March 18, 2017 Wentzville, Missouri, U.S.) R&B・シンガー、ソングライター、ギタリスト。ロックンロール。ジョン・レノンは「ロックンロールに別名を与えるとすれば“チャック・ベリー”だ」と述べている程にロックンロール音楽に強い影響を与えた最重要人物。1952年頃から地元やイースト・セントルイスのクラプで演奏を開始し、1953年にピアニストのジョニー・ジョンソンと出会い、ジョニーとコンビを組んで以降長く活動。1955年にCHESSレーベルと契約し、カントリー曲の「Ida Red」をロッキン・ブルース調にアレンジした「Maybellene」がスマッシュヒットを記録。以降も同レーベルで「Roll Over Beethoven」、「Johnny B Goode」等のヒットを連発し、それらのほとんどがロックンロールのスタンダートとなっています。しかし人気も絶頂の1959年12月に少女売春の容疑で逮捕され、1963年に釈放。誰もがカムバック後の再起は難しいと考えた最中、絶妙のタイミングでブリティッシュ・インベーション(ザ・ビートルズやザ・ローリング・ストーンズらのイギリス・ロックの台頭)が起こり、これら多くの英国ロック勢がチャックの作品を取り上げていた事から、オリジネーターである彼が再評価されて人気も再熱し、再びCHESSレーベルに録音を続けています。1966年にはMERCURYレーベルに移籍。
No reviews