商品情報にスキップ
1 / 3

R&B 45

Ben E. King - Groovin' / What Now My Love

1962 USA Original 45rpm Record [ATCO/6284]

通常価格
¥2,600 JPY
通常価格
セール価格
¥2,600 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント





R&B~ソウル・グループ/ザ・ドリフターズ出身のR&B~ソウル・シンガー/ベン・E・キングが、1962年にATCOレーベルからリリースしたシングルです。ライヴ・アルバム『Live at The Apollo Theater』に収録された作品のシングルカットです。

ライヴ・パフォーマンスらしい疾走感のあるバンドの演奏に乗せた、レイ・チャールズ風のアッパーな楽曲を激辛ボーカルのシャウトで歌う60's R&B・ナンバー!スタジオ録音が存在しない程のマイナー作品ながら、後にレッド・ツェッペリンが「ウィー・アー・ゴナ・ムーヴ」と改良した重要作品であります。


Red Zeppelin



裏面はスタジオ録音によるポップR&Bです。

<参加ミュージシャンと録音場所+日時>
Ben E. King At Apollo Saturday Night [Groovin']
Ben E. King, vocal; replaces The Coasters.
"Apollo Theater", NYC, November 16, 1963
---
Ben E. King With Charles Calello's Orchestra [What Now, My Love]
Jimmy Cleveland, trombone; Art Kaplan, tenor sax; Stan Free, piano; Carl Lynch, guitar; Russ Saunders, electric bass; unknown, drums; Ben E. King, vocal; unknown, female chorus; Charles Calello, director.
NYC, September 26, 1963

オリジナル・カンパニースリーヴ付きです。

コンディション:NM/NM
マトリックス番号:63C-7405-21 50914 AT / 63C-7234-21 50913 AT

アーティスト【ベン・E・キング】



Benjamin Earl King (born September 28, 1938 Henderson, North Carolina - April 30, 2015) R&B~ソウル・シンガー。初期の頃にはザ・ファイヴ・クラウンズ(The Five Crowns)というR&Bグループに在籍して活動。1958年にザ・ドリフターズのマネージャーであるジョージ・トレードウェル(George Treadwell)はメンバー全員をクビにしたが、その後にアポロシアターでのライヴがブッキングされており、苦肉の策としてザ・ファイヴ・クラウンズをザ・ドリフターズに見立ててアポロへ出演させる。この時から第3期のザ・ドリフターズ(通称ザ・ニュー・ドリフターズ)が始まっており、彼らはそのままザ・ドリフターズとしてATLANTICレーベルとの契約に至る。そこではベン・E・キングがリードを努めた「Save the Last Dance for Me」「This Magic Moment」「I Count the Tears」といったヒットを連発しており、ザ・ドリフターズの長い歴史の中に輝かしい功績と名曲の数々を残す事となった。1960年にベン・E・キングはザ・ドリフターズを脱退し、ソロシンガーとなってATCOレーベルに移籍した。そして「Spanish Harlem」、「Stand By Me」といった不屈の名曲を残しソロでも成功を収めていく。ゴスペル直径の熱っぽいボーカル・スタイルで、R&Bからソウルを築いた重要人物の一人である。
No reviews