商品情報にスキップ
1 / 2

Soul 45

Aretha Franklin - Since You've Been Gone / Ain't No Way

1968 USA Original 45rpm Record [ATLANTIC/2486]

通常価格
¥2,400 JPY
通常価格
セール価格
¥2,400 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント







“ソウルの女王”の愛称で親しまれ、グラミー賞を18度も獲得した20世紀を代表する大物歌手として知られる女性R&B~ソウル・シンガー、ソングライター、ピアニスト/アレサ・フランクリンが、1968年にATLANTICレーベルからリリースしたシングルです。ジェリー・ウェクスラー・プロデュースによる作品で、ビルボード・ホット100チャートで最高5位、R&Bチャートで3週連続1位を記録しました。

当時の夫テッド・ホワイトとの競作による前ヒット作「チェイン・オブ・フールズ」をフォローアップした作品で、南部風のサザン・ソウルを模した、ニューヨーク録音による重厚なR&Bリズム・セクションをバックに、ソウルフルなボーカルで歌いあげる60's ソウル・クラシックス!

裏面もビルボード・ホット100チャートで最高16位、R&Bチャートで最高9位を記録した両面ヒットで、妹のキャロライン・フランクリンが書き下ろしたバラード作品です。

<参加ミュージシャンと録音場所+日時>
Aretha Franklin [Since You've Been Gone (Sweet Sweet Baby)]
Bernie Glow, Melvin Lastie, Joe Newman, trumpet; Tony Studd, bass trombone; Frank Wess, flute, tenor sax; King Curtis, Seldon Powell, tenor sax; Haywood Henry, baritone sax; Warren Smith, vibes; Dewey "Spooner" Oldham, piano, electric piano, organ; Aretha Franklin, piano, vocal; Eric Clapton, Jimmy Johnson, Joe South, Bobby Womack, guitar; Tommy Cogbill, bass; Roger Hawkins, drums; Carolyn Franklin, background vocal; The Sweet Inspirations, vocal group.
NYC, December 16 and 17, 1967
---
Aretha Franklin [Ain't No Way]
Bernie Glow, Melvin Lastie, Joe Newman, trumpet; Tony Studd, bass trombone; Frank Wess, flute, tenor sax; King Curtis, Seldon Powell, tenor sax; Haywood Henry, baritone sax; Warren Smith, vibes; Dewey "Spooner" Oldham, piano, electric piano, organ; Aretha Franklin, piano, vocal; Eric Clapton, Jimmy Johnson, Joe South, Bobby Womack, guitar; Tommy Cogbill, bass; Roger Hawkins, drums; Carolyn Franklin, background vocal; The Sweet Inspirations, vocal group.
NYC, December 19 and 20, 1967

コンディション:VG++/VG+/SOL/WOL
マトリックス番号A-13635-15 / A-13657-12

アーティスト【アレサ・フランクリン】



Aretha Louise Franklin (born March 25, 1942 Memphis, Tennessee, U.S. - August 16, 2018 Detroit, Michigan, U.S.) 女性R&B~ソウル・シンガー、ソングライター、ピアニスト。父親は有名な宣教師でゴスペル・シンガーのC.L.フランクリン。“ソウルの女王”の愛称で親しまれ、グラミー賞を18度も獲得した20世紀を代表する大物歌手。初期はゴスペルを歌っており、1956年にはJ.V.B.レーベルに録音。その後はR&B歌手に転向し、ダイナ・ワシントンを目標とし、1960年 18歳の時にCOLUMBIAレーベルからメジャーデビューを果たす。そこでは「Today I Sing the Blues」、「Operation Heartbreak」、「Rock-a-Bye Your Baby with a Dixie Melody」、「Runnin' Out of Fools」といった、ジャジーな編曲のポップナンバーでヒットを出しながらも、徐々にゴスペル色を強めていき、ソウルフルな作品をも発表しいていく。1967年にATLANTICレーベルに移籍し、アラバマ州マッスルショールズのFAMEレコーディングスタジオで録音した「I Never Loved a Man (The Way I Love You)」が全国的に大ヒットを記録。以降も「Respect」、「Baby I Love You」、「(You Make Me Feel Like) A Natural Woman」、「Chain of Fools」、「(Sweet Sweet Baby) Since You've Been Gone」、「Think」、「The House That Jack Built」等のヒット曲を1979年頃まで連発しスーパースターとなる。1980-2007年の間にはARISTAレーベルに録音がある。2009年1月20日には、バラク・オバマ前大統領就任式で「My Country, 'Tis of Thee」を歌うパフォーマンスを披露した。