Pular para as informações do produto
1 de 2

R&B 45

The Miracles - You've Really Got A Hold On Me / I'll Try Something New (Re-Issue)

1970's(1962) USA Re-Issue 45rpm Record [MOTOWN-YESTER YEAR/505]

Preço normal
¥500 JPY
Preço normal
Preço promocional
¥500 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント







モータウンにおいて、作詞・作曲、プロデューサー、歌い手としてや、ベリー・ゴーディーJr.の片腕として会社経営にまで非凡なる才能を発揮した天才人物スモーキー・ロビンソンを中心としたデトロイトR&B~ソウル・グループ/ザ・ミラクルズが、1962年にUS TAMLAレーベルからリリースした作品の正規70'sリイシューで、セルフプロデュースによる作品です。ビルボード・ホット100チャートで最高8位、R&Bチャートで最高1位を記録しました。

サム・クックの「ブリング・イット・オン・ホーム・トゥ・ミー」からインスパイアされスモーキー・ロビンソンが作詞作曲したというバラード曲で、メロディアスで力強い旋律が印象的なR&Bバラード・クラシックス。



ザ・ビートルズ、ザ・ゾンビーズ(サム・クックの「ブリング・イット・オン・ホーム・トゥ・ミー」とのメドレー形式で)ほか、カバーも多いR&Bのスタンダードです。





裏面は1962年作品のカップリングで、スモーキー・ロビンソン・プロデュースによる作品です。ビルボード・ホット100チャートで最高9位、R&Bチャートで最高11位を記録しました。

前ヒット作「ワッツ・ソー・グッド・アバウト・グッドバイ」をフォローアップし、スモーキー・ロビンソンが書いた曲で、バーバラ・ルイス等を手がけた事でも知られるライリー・ハンプトンによる美しいシカゴ・スタイルのアレンジメントが眩く輝く初期の名作です。

コンディション:VG-/VG-/RI
マトリックス番号:C4KM-7776 Y-505 FB / C4KM-7775 Y-505 FA

アーティスト【スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズ】
R&B~ソウル・ボーカル・グループ。モータウン社を代表する大スター・グループ。1955年頃にデトロイトで結成されたザ・ファイヴ・チャイムス(The Five Chimes)~ザ・マタドアーズ(The Matadors)が前身。1958年にジャキー・ウィルソンのマネージャーのオーディションに合格し、ジャッキーが所属していたBRUNSWICKレーベルで、ジャッキーの為に楽曲を提供していたベリー・ゴーディーJr.を紹介される。1958年にグループ名をザ・ミラクルズに変更し、ENDレーベルよりビリー・ディヴィスが作曲した「Got A Job」でデビューを果たす。ベリー・ゴーディーJr.がモータウン以前に設立していた ジョビート音楽出版(Jobete Music Company, Inc.)がCHESSレーベル傍系のANNAレーベルに作品を卸していた事から、親会社であるCHESSレーベルとも関係があり、1959年にCHESSレーベルを紹介され、そこで録音した「Bad Girl」がヒットを記録。しかしここで、「自主配給にした方が儲かる」と考えたベリー・ゴーディーJr.は、1959年に自主レーベルTAMLAレーベルを設立し、CHESSでヒットしていたミラクルズの「Bad Girl」を再プレスするもののTAMLA盤の方はノーヒットに終わる。1960年にTAMLAレーベルよりリリースされた「Shop Around」は遂にナショナルヒットを記録し、モータウンにとっての初のミリオンセラーとなった。以降は「You've Really Got a Hold on Me」、「Mickey's Monkey」、「I Second That Emotion」、「Baby Baby Don't Cry」、「Tears of a Clown」、「Ooo Baby Baby」、「Going to a Go-Go」、「The Tracks of My Tears」、「(Come Round Here) I'm The One You Need」、「The Love I Saw in You Was Just a Mirage」、「More Love」といったモンスターヒットを1970年頃まで快調に連発するモンスターグループへと成長を遂げている。また中心人物のスモーキー・ロビンソンは、ファルセットを活かした美声ヴォーカルの持ち主で、作詞作曲をすればメロディーも歌詞もピカイチ。音楽プロデューサーとしても才能を発揮し、1962-1966年の間にはモータウン内でメアリー・ウェルズ、ザ・テンプテーションズ、ブレンダ・ホロウェイ、ザ・マーヴェレッツ、マーヴィン・ゲイらをプロデュースしたろ、多くのヒット曲を手がけている。そしてベリー・ゴーディーJr.の片腕となり、会社経営にまで非凡なる才能を発揮した天才人物でもあった。1972年にスモーキーが脱退し、グループは1978年頃まで活動。80年代以降は何度か再結成して活動している。スモーキーは2010年代以降も現役活動中である。
No reviews