Pular para as informações do produto
1 de 3

R&B 45

Mary Wells - Bye Bye Baby / The One Who Really Loves You (Re-Issue)

1973(1960&1962) USA Re-Issue 45rpm Record [MOTOWN YESTERYEEAR/Y484F]

Preço normal
¥1,000 JPY
Preço normal
Preço promocional
¥1,000 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント







数多くのヒット曲で初期のモータウンを代表するトップ・シンガーとなった、デトロイト出身の女性R&B~ソウル・シンガー/メアリー・ウェルズが、1962年にUS MOTOWNレーベルからリリースしたシングルで、ベリー・ゴーディーJr.・プロデュースにより、全米ポップチャートで最高45位/R&Bチャートで最高8位を記録した彼女の代表作品です。

メアリー自作によるロッキン・ブルース調のミッドテンポ・ナンバーを、ジャッキー・ウィルソン・スタイルのボーカルで力強く歌い上げる初期モータウンR&B・ナンバー!

荒削りな演奏とミキシングのR&Bサウンドではありますが、過渡期のモータウン・サウンドという史料価値もあります。同地の重要レーベル・FORTUNE/HI-Qレーベルがお好きな方にもお薦めなデトロイトR&B・サウンドとしてもオススメです。

裏面は、1962年にUS MOTOWNレーベルからリリースしたシングルで、スモーキー・ロビンソン・プロデュースによる作品のカップリングです。ビルボードホット100チャートで8位、R&Bチャートで2位を記録しました。彼女のモータウン期のキャリアの中で最も売れたシングルでした。アルバムタイトルにもなっています。

スモーキー・ロビンソンが書き下ろした楽曲を、ラテン調の軽快なリズムに乗せて、全体的にソフトなサウンドに仕上げた作品です。ウェルズのボーカルスタイルも洗練されており、彼女の新たな魅力を引き出した曲としても知られています。

録音技術、ミキシング技術、レコードのプレス技術が大きく向上しており、それまでのデトロイトR&Bとは一線を画す洗練されたサウンドにもご注目いただきたい一曲です。デトロイトのヒッツヴィルUSA・スタジオAの雰囲気が出ています。

オリジナル・カンパニースリーヴ付きです。

コンディション:NM/NM/RI
マトリックス番号:C4KM-7728 Y-484FA / C4KM-7729 Y-484FB

アーティスト【メアリー・ウェルズ】
Mary Esther Wells (May 13, 1943 Detroit, Michigan, United States - July 26, 1992 Los Angeles, California) 女性R&B~ソウル・シンガー。初期のモータウンを代表する看板シンガーで、愛称は「The Queen of Motown(モータウンの女王)」。ジャッキー・ウィルソンの影響をうけてR&Bを歌いだし、1960年、17歳の時にモータウンのオーディションをうけて合格する。1961年にデビュー作の「Bye Bye Baby」がナショナルヒットを記録し、まだ駆け出しだったモータウンの名を全国区に広めた。以降も同レーベルで「Two Lovers」、「You Beat Me to the Punch」、「My Guy」といったヒットを1964年頃まで連発する。1965年に金銭問題が原因でモータウンを離れ、20TH-CENTURY FOXレーベルに移籍した。そこではプロデューサーにアンドレ・ウィリアムス(Andre Williams)と、ライリー・ハンプトン(Riley Hampton)を迎えて制作された、「Use Your Head」、「Never, Never Leave Me」がヒットする。1966年にはATCOレーベルに移り、プロデューサー/カール・ディヴィス(Carl Davis)制作による「Dear Lover」がヒットしている。1968-1969年にはJUBILEEレーベルで「The Doctor」、「Dig the Way I Feel」がヒットを記録する。ディスコ時代の1981年にはEPICレーベルで「Gigolo」がヒットしている。1992年にロサンジェルスで癌と肺炎が併発したのが原因で49歳の若さで逝去。
No reviews