商品情報にスキップ
1 / 3

Sixties 45

The Beach Boys - Wouldn't It Be Nice / God Only Knows

1966 USA Original 45rpm Record [CAPITOL/5706]

通常価格
¥3,800 JPY
通常価格
セール価格
¥3,800 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント







アメリカの1960年代のロックンロールとポップスを象徴する存在として知られる名グループ/ザ・ビーチ・ボーイズが、1966年7月18日にCAPITOLレーベルからリリースしたシングルです。

ブライアン・ウィルソン・プロデュースによる作品です。


Brian Wilson

ビルボード・ホット100チャートで最高8位、UKシングルチャートで最高2位を記録しました。日本国内では邦題「素敵じゃないか」として知られています。

同年にリリースされたアルバム『ペット・サウンズ』に収録され冒頭を飾っています。



ブライアン・ウィルソンとトニー・アッシャーとマイク・ラヴが共作をした作品で、思春期の楽しさと10代の愛を祝った内容のロマンチックなラヴ・ソングです。ザ・ビーチ・ボーイズのツアーにも参加せず、スタジオワークに精を出したブライアンが指揮にあたった、ザ・レッキング・クルーの演奏による煌びやかなサウンドと、そこにオーバーダビングされたザ・ビーチ・ボーイズの複雑なコーラスに乗せて、ブライアンのリードが力強く歌い上げる名作中の名作!


The Wrecking Crew

裏面は同じくアルバム『ペット・サウンズ』に収録されていた、邦題「神のみぞ知る」がカップリングされた2サイダー盤です。本作はイギリスではUKシングルチャートで最高2位を記録しており、2010年に「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500」では第25位に選定されました。

またポール・マッカートニーが「今まで聴いた中で最高の曲」という賛辞を送っており、この曲からインスパイアされ、ザ・ビートルズの「ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア」を書き上げたと、ポール本人がしばしば言及しています。



オリジナル・カンパニースリーブ付きです。

コンディション:VG++/VG++
マトリックス番号45-55558-G4 / 45-55849-F1

アーティスト【ザ・ビーチ・ボーイズ】











ロック&ポップ・グループ。ブライアン、デニス、カールのウィルソン兄弟と従兄弟のマイク・ラブ、友人のアル・ジャーディンの五人が、1961年にカリフォルニア州ホウソーンで結成したザ・ペンデルトンズ(The Pendletones)が前身。1961年にザ・ビーチ・ボーイズとグループ名をあらため、CANDIXレーベルに初録音後、1962年に大手CAPITOLレーベルと契約。初期の1962-1964年頃は「Surfin' Safari」「Surfin' U.S.A.」「I Get Around」といった“サーフ&ホットロッド”をテーマにしたロックンロールで人気を博す。初期は主にザ・フォー・フレッシュメンやジャン&ディーンのコーラス・スタイルと、チャック・ベリーのロックンロールをブレンドさせた独自のロックンロールとして影響力を持った。1964年の暮れ頃からリーダーのブライアン・ウィルソンはライヴ遠征には同行せず、スタジオワークに重点を置く様になり、クリエイティヴな作品作りやアルバムの制作に取り組み、1965年にはアルバム『Today!』と『Summer Days』を発表。ブライアンの情熱はさらに増し、1966年には遂にロック・アルバムの金字塔と呼ばれる名盤『Pet Sounds』を完成させ、同年にはこれまた傑作のシングル「Good Vibrations」を発表し、後世で高く評価されています。1965年からはブライアンに変わるツアーメンバーとしてブルース・ジョンストン(ブルース&テリーやザ・リップ・コーズ等を手がけた才能ある名人)が参加し、以降は正式なメンバーとして活動している。