商品情報にスキップ
1 / 2

R&B 45

Mickey & Sylvia - This Is My Story / What Would I Do

1960 USA Original 45rpm Record [RCA VICTOR/47-7811]

通常価格
¥1,000 JPY
通常価格
セール価格
¥1,000 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント





スタジオ・ミュージシャンとしても有名なR&Bギタリスト/ミッキー・ベイカーと、後にヒップホップ系のレーベル・オーナーとして有名になる女性R&B・シンガー/シルヴィア・ロビンソンによるデュオ/ミッキー&シルヴィアが、1960年にRCA VICTORレーベルからリリースしたシングルです。

ジーン&ユナイスのカバーです。



ミッキー・ベイカーの職人ギターが光るベイカー自身による編曲をバックに、しっとりとしたツインボーカルでハモるポップR&B・ナンバー。

裏面はチャート作品で、ビルボード・ホット100チャートで最高46位、キャッシュボックス・チャートで最高47位を記録しました。シャーリー&リーのカバーで、サミー・ロウが指揮する軽快なロックンロール・ナンバーです。


コンディション:NM/NM
マトリックス番号L5PW4437-3S A2 / L5PW3056-3S A2

アーティスト【ミッキー&シルヴィア】



男女R&B・ボーカル・デュオ。スタジオ・ミュージシャンとしても有名な、ケンタッキー州ルイヴィル出身のR&Bギタリスト/ミッキー・ベイカーと、後にヒップホップ系のレーベル・オーナーとして有名になる、ニューヨーク出身の女性R&Bシンガー/シルヴィア・ロビンソンによるコンビ。録音はRAINBOW, GROOVE, VIK, RCA VICTORレーベルにあり、1956年に「Love Is Strange」と「Dearst」がヒットしている。

アーティスト【ミッキー・ベイカー】



R&B・ギタリスト。ニューヨークR&B/ロックンロール。1925年ケンタッキー州ルイヴィル生まれで、2012年にフランスで死去。本名 MacHouston Baker 。ニューヨークのスタジオ・セッション・ミュージシャンとして有名で、50年代のSAVOY, ATLANTIC, KING等のレーベルで多く伴奏し、ザ・ドリフターズの「Money Honey」、ルース・ブラウンの「(Mama) He Treats Your Daughter Mean」、ビッグ・ジョー・ターナーの「Shake, Rattle and Roll」等多くのヒット曲が出た。デイヴ・バーソロミューのバンドのギタリスト/アーネスト・マクリーン(Ernest McLean)に影響を受けたスタイルで、一聴するだけでミッキー・ベイカーによる演奏だと分かる、鋭角・攻撃的なプレイは、ロックンロール時代を象徴する音のひとつとなった。職人的なリズムの取り方や、時には自己主張強めでアグレッシヴに迫る演奏が特徴的。50年代中旬にはシルヴィア・ロビンソンとのコンビで「Love Is Strange」「Dearest」等のポップ・ヒットも放った。ローリングストーン誌が選ぶ「名ギタリスト100選」では53位に選定される名人である。60年代は米国内では不遇で、70年代以降はフランスに移住して活動しフェスティバル等にも出演して再評価されている。

アーティスト【シルビア・ロビンソン】



Sylvia Vanderpool (May 29, 1935 Harlem, New York, U.S. - September 29, 2011 Secaucus, New Jersey, U.S.) 女性R&B~ソウル・シンガー、プロデューサー、レコード・レーベルのエグゼクティブ。ミッキー&シルヴィアとして1957年にGROOVEレーベルから出されたシングル「Love Is Strange」と、1973年の「Pillow Talk」がチャートヒットしている。後にヒップホップ・レーベルのSUGAR HILLレーベルの創設者兼CEOとして知られるようになっており、1979年のシュガー・ヒル・ギャングによる「Rapper's Delight」と、1982年のグランド・マスター・フラッシュとフューリアス・ファイブによる「Message」は、ヒップホップ・ジャンルにおける画期的なシングルだと評価されている。ゆえに「ヒップホップの母」との愛称で呼ばれることがある。
No reviews