商品情報にスキップ
1 / 2

Latin 45

Harry Belafonte - Mama Look At Bubu / Don't Ever Love Me

1957 USA Original 45rpm Record [RCA VICTOR/47-6830]

通常価格
¥1,400 JPY
通常価格
セール価格
¥1,400 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント





「カリプソの王様」という愛称で親しまれた黒人ポップ・シンガー/ ハリー・ベラフォンテが、1957年3月にRCA VICTORレーベルからリリースしたシングルです。全米ポップチャートで最高11位、R&Bチャートで最高10位を記録しました。

作者クレジットにベラフォンテの名前が入っていますが、1955年にトリニダードのカリプソニアンであるロード・メロディが吹き込んだ作品のカバーです。ですので作者名にはロード・メロディ、 ロード・バージェスの名前が並んでいます。



ボブ・コーウィン・オーケストラが演奏する洗練されたカリプソ・サウンドに乗せて、コーラスと共に明るく歌うアメリカン・カリプソ・ポップス・クラシックス!

裏面は19世紀のハイチの「Choucoune」(英語題:「Yellow Bird」)という曲のカバーで、こちらは全米ポップチャートで最高90位を記録しています。

コンディション:VG(+)/VG(+)
マトリックス番号H2 PW1273-5S / H2 PW1276-5S


アーティスト【ハリー・ベラフォンテ】



ジャマイカの血を引くアメリカ人ポップ・シンガー。1927年ニューヨーク・ハーレム生まれで、本名 Harold George "Harry" Belafonte, Jr. 。カリブ音楽をポピュラー音楽に持ち込んで大衆化し、「カリプソの王様」という愛称でも親しまれた。初期はフォーク・ソングを歌い、1952年にRCA VICTORレーベルと契約。1956年のアルバム「Calypso」は大ヒットとなり、R&Bを含むポピュラー音楽にカリプソやカリブ音楽の要素を盛り込むブームを巻き起こした。「Banana Boat Song」や「Jamaica Farewell」が代表作品として知られている。1960年に黒人では初めてエミー賞を受賞し、以降は財団を設立して黒人の地位向上のために力を注ぎ、公民権運動に積極的に関わるなど、音楽よりも社会活動家として活躍するようになる。

No reviews