商品情報にスキップ
1 / 2

R&B 45

Hank Ballard & The Midnighters - Look At Little Sister / I Said I Wouldn't Beg You

1959 USA Original 45rpm Record [KING/5289]

通常価格
¥1,400 JPY
通常価格
セール価格
¥1,400 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント





50年代初頭から活躍し、50年代後半からは「ザ・ツイスト」他の一連のダンス物ヒットで人気を博した名R&Bグループ/ザ・ミッドナイターズが、1959年にKINGレーベルからリリースしたシングルです。

バラード自作によるブルージーな楽曲を、バックビート強めのダンス・ビートに乗せてゴスペル・ボーカルで歌うR&B・ナンバーです。間奏で聴けるギターが鋭角なワイルドさかつ、魅せどころたっぷりのソロを聴かせてくれるマイナー上質作品でおすすめです。ニューブリードR&Bがお好きな方にもおすすめです。

裏面もゴスペル・スタイルのミッドテンポR&Bです。

コンディション:VG(-)/VG(-)/WOL/RW
マトリックス番号:K-45-10489-2 / K-45-10488-1

アーティスト【ハンク・バラード&ザ・ミッドナイターズ】
R&B・グループ。1950-1951年頃にデトロイトで結成されたザ・ロイヤルズ(The Royals)が前身で、初期にはジャッキー・ウィルソンやリトル・ウィリー・ジョン、リーヴァイ・スタブスらが参加。1953年にシンガーのハンク・バラードが加入し歌っていたところを、ジョニー・オーティスに発見され、ジョニーは彼らのマネージャーとなってKING/FEDERALレーベルと契約。デビュー作の「Get It」はR&Bヒットを記録し、R&Bのスタイルも新しかった事からすぐに影響力を持ち始める。同レーベルにはすでにグループ名の似たザ・ファイヴ・ロイヤルズがいた為、1954年にグループ名をザ・ミッドナイターズに変更して以降は活動。初期は「Work with Me, Annie」や「Sexy Ways」といった下ネタ~色もの作品で人気を博し、1959年には(チャビー・チェッカーが取り上げてヒットさせて有名になる)「The Twist」をヒットさせる。以降は「Lets' Go, Let's Go, Let's Go」といったダンス物や、ロックンロール系の作品をトレードマークとし、1961年頃までヒットを快調に連発。しかしティーン向けのダンス・ナンバーだけではヒットが出せなくなり、その後ソウル・ミュージックにも挑戦するものの、徐々に人気は低迷していく。アップテンポ以外でも、初期の「Teardrops On Your Letter」等のバラードにも味があり、ハンクのゴスペル風味のシャウトも痛快。優れたギタリストにも恵まれたグループで、初期はアロンゾ・タッカー、アーサー・ポーター、1955-1958年の間にはキャル・グリーン、そしてキャルが大麻所持で逮捕された1958年からは、ジミ・ヘンドリックスにも影響を与えたというJ.C.・“ビリー”・ディヴィスといった凄腕のギタリストが参加しており、演奏の面でも聞きどころの多い名グループである。
No reviews