商品情報にスキップ
1 / 2

Blues 45

Elmore James - I Can't Hold Out / The Sun Is Shining

1960 USA Original 45rpm Record [CHESS/1756]

通常価格
¥6,800 JPY
通常価格
セール価格
¥6,800 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント





戦後ブルースを代表する重要ブルース・シンガー、ギタリスト/エルモア・ジェームスが、1960年にUS CHESSレーベルに残した唯一のシングルです。

別名「Talk To Me Baby」としても知られるウィリー・ディクソンとの競作で、エルモアの代名詞とも言える「Dust My Broom」調のリズムに乗せて、ゴスペルボーカルで豪快に歌い上げるシカゴ・ブルース・クラシックス!

裏面も戦後ブルースの名作と言える、ディープかつハードなスローブルースとなる2サイダー盤!

参加ミュージシャンと録音場所+日時
1960, Chicago:; J. T. Brown (saxophone), Johnny Jones (piano), Odie Payne (drums), Homesick James (guitar)

コンディション:VG++/VG++
マトリックス番号:10109 / 10110

アーティスト【エルモア・ジェームス】
ブルース・シンガー、ギタリスト。シカゴ・ブルース。1918年ミシシッピー州ホームズ・カウンティ生まれで、1963年に死去。本名 Elmore Brooks 。40年代末から地元やアーカンソー州ヘレナで活動を始め、1951年にDIAMONDレーベルに「Dust My Broom」を初録音。1952年にシカゴに移り、METEOR, FLAIR, CHESS, VEE-JAY, FIREレーベル等に録音。ロバート・ジョンスンの「Dust My Broom」を、エレキ・ギターによる豪快なボトルネック・ギターで、南部臭の残る痛快なアーバン・ブルースに昇華させた。その芸風は“エルモア・ジェームズ・スタイル”と呼ばれるほどで、3連符によるイントロはブルーム調とも呼ばれ、多数のフォロワーにも影響を与えている。またゴスペル直系のアクの強いボーカルは、ソウル・ミュージックのルーツとしても重要視されている。「Shake Your Moneymaker」、「The Sky Is Crying」等、ブルースのスタンダードとなったヒット曲も多い。
No reviews