商品情報にスキップ
1 / 2

Oldies 45

Eddie Cochran - Summertime Blues / Love Again

1958 USA Original 45rpm Record [LIBERTY/F-55144]

通常価格
¥500 JPY
通常価格
セール価格
¥500 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント







1960年に21歳の若さで他界した為、“ロックンロール界のジェームス・ディーン”と呼ばれる事もある伝説のロックンロール・シンガー、ギタリストのエディー・コクランが、1958年7月21日にLIBERTYレーベルからリリースしたシングルです。

ビルボード・ホット100チャートで最高8位、全英シングルチャートで最高18位を記録した、コクランにとっての最大のヒット曲です。1999年にグラミーの殿堂入りを果たし、ローリング・ストーン誌の「史上最高の500曲」では73位にランクされています。2005年3月、Q誌は「最も偉大なギター曲100選」でこの曲を77位に選びました。ロックンロールの殿堂博物館の「ロックンロールを形作った曲」リストに載っています。

コクランとマネージャーのジェリー・ケープハートが共作し、元々はシングルのB面曲用として制作されました。レコーディングは、1958年3月28日にカリフォルニア州ハリウッドのゴールドスター・レコーディング・スタジオで録音されました。エディ・コクランは、ボーカルとベースボーカルの両方を歌い、ギターパートをすべて演奏し、おそらくシャロン・シーリーと一緒に手拍子を加えたとされています。コニー・“ガイボ”・スミスがエレクトリック・ベースを、アール・パーマーがドラムを演奏しています。

この曲は多くのアーティストにカバーされており、カントリー・ミュージック・アーティストのアラン・ジャクソンのバージョンがナンバーワン・ヒットとなったほか、ブルー・チアー、ザ・フー、ブライアン・セッツァーによるカバーが著名なヒットになりました。







ブライアン・セッツァーは1987年の映画『ラ・バンバ』でコクランを演じ、自身のカバーを録音しています。


裏面はバラード作品です。

コンディションG評価の激しい傷盤ですが、音質は驚くことにVG+並みの感じでよく鳴ってくれますので、おすすめの安価盤です。実際のレコードから録音・作成した試聴音源をお試しくださいませ。

コンディション:G/G/RW
マトリックス番号:45-LB-859 23627 / 45-LB-858 23626


アーティスト【エディー・コクラン】



ロックンロール・シンガー、ギタリスト。1938年ミネソタ州アルバート・リア生まれのカリフォルニア育ち。1960年に21歳の若さで他界した為、“ロックンロール界のジェームス・ディーン”と呼ばれる事もある。初期は1955年にハンク・コクラン(血縁関係はなし)とのコンビでザ・コクラン・ブラザーズを結成して活動したり、スタジオ・セッション・ミュージシャンとしても活躍。1956年にロックンロール・コメディー映画『The Girl Can't Help It』に出演して注目され、1957年にはLIBERTYレーベルと契約。以降は「Sittin' In the Balcony」「C'mon Everybody」「Somethin' Else」「Summertime Blues」「Twenty Flight Rock」等々の、多くの名作を発表し、これらの多くがロックンロールのスタンダードとなった。他CHALLENGEレーベルにも録音が残されている。