商品情報にスキップ
1 / 2

Jazz 45

Art Blakey & The Jazz Messengers - 3 Blind Mice Part 1 / 3 Blind Mice Part 2 (Promo)

1962 USA Original 45rpm Record [UNITED ARTISTS JAZZ/485]

通常価格
¥1,000 JPY
通常価格
セール価格
¥1,000 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント



アメリカのモダン・ジャズを代表する黒人ジャズ・ドラマー、バンドリーダー/アート・ブレイキーが、1962年にUNITED ARTISTS JAZZレーベルからリリースしたシングルです。

同年にハリウッドにある「ザ・ルネッサンス・クラブ」でのパフォーマンスを収録したシングルで、当時アルバムタイトルにもなった代表作品のひとつです。トロンボーン奏者のカーティス・フラーが作曲をしたアップテンポ・ナンバーを、6人編成によるスモールコンボで軽快に奏でる60's ジャズ・ナンバー!

裏面は後半部分となるパート.2です。

<参加ミュージシャンと録音場所+日時>
Art Blakey Jazz Messengers [3 Blind Mice]
Freddie Hubbard, trumpet; Curtis Fuller, trombone; Wayne Shorter, tenor sax; Cedar Walton, piano; Jymie Merritt, bass; Art Blakey, drums.
"The Renaissance Club", Hollywood, CA, March 18, 1962

コンディション:VG-/VG-/RW/SOL
マトリックス番号ZTSP81726-1A / ZTSP81727-1B


アーティスト【アート・ブレイキー】



Art Blakey (Arthur Blakey; October 11, 1919 Pittsburgh, Pennsylvania, U.S. - October 16, 1990 New York City, New York, U.S.) 黒人ジャズ・ドラマー、バンドリーダー。10代後半からニューヨークに移住し初期はピアニストとして活動。1944年からビリー・エクスタインの楽団へ入り、1940年代後半からマイルス・デイヴィス、セロニアス・モンク、チャーリー・パーカーらと共演後、1954-1955年の間にはホレス・シルヴァーと初代のジャズ・メッセンジャーズを結成して活動。そこではクリフォード・ブラウンやルー・ドナルドソンらを擁してジャズ・クラブのバードランドに出演して人気を博す。1956年にシルヴァーが脱退後メンバーチェンジをし、ベニー・ゴルソン(ts)、ジョニー・グリフィン(ts)、リー・モーガン(trumpet)、ボビー・ティモンズ(piano)、ジミー・メリット(bass)らを擁して活動。このメンバー1958年に「Moanin'」、「Blues March」、「I Remember Clifford」といった代表作品をBLUE NOTEレーベルに録音する。60年代以降はメンバーチェンジを繰り返しながら(レディ・ハバード、キース・ジャレット、チャック・マンジョーネ、シダー・ウォルトン、レジー・ワークマン等がメッセンジャーズの出身)死去する1990年まで活動した。

No reviews