Langsung ke informasi produk
1 dari 3

R&B 45

The Five Royales - Tell The Truth / Double Or Nothing (Promo)

1959 USA Original 45rpm Record [KING/5141]

Harga reguler
¥2,400 JPY
Harga reguler
Harga obral
¥2,400 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント





ゴスペルやブルース、ドゥーワップの要素を盛り込んだ独創的なR&Bで、ソウル・ミュージックの先駆けとなった事で知られるR&Bグループ/ザ・ファイヴ・ロイヤルズが、1959年にUS KINGレーベルからリリースしたシングルです。

ロウマン・ポウリングが作詞作曲をしたブルージーなアップテンポナンバーを、肉厚な演奏のR&Bサウンドと、ゴスペル・スタイルのシンプルなコーラスで味付けをしたR&B・ダンサー!

1959年の作品にしてはソウル・ミュージックを予感させる雰囲気があり、ロックンロールとも異なるグルーヴ感や、コーラス、ソウルフルなボーカル等で60年代を先行した注目作品です。

翌年にはレイ・チャールズがカバーしており、チャートヒット(US R&B #13-)させる作品のオリジナル・バージョンでもあります。



裏面は重厚なバラード曲で、こちらもお薦めです。

ホワイト・レーベル・プロモ盤。オリジナル・カンパニースリーヴ付きです。

コンディション:VG(+)/VG/RW/DJ
マトリックス番号:K-45-10071-1 / K-45-100691

アーティスト【ザ・ファイヴ・ローヤルズ】
R&B・グループ。ノースカロライナ州ウィンストンサレム出身者によりで、40年代後半に結成されたザ・ロイヤル・ソンズ・クインテット(The Royal Sons Quintet)というゴスペル・グループが前身で、1950年代にR&Bグループに転向する。1952-1953年の間にニューヨークのAPOLLOレーベルに録音を残す。1954年にシンシナティーのKINGレーベルに移籍し、1959年まで録音を続けた。KINGレーベル時代が黄金期で名作も多く、例えばザ・シュレルズがカバーする「Dedicated to the One I Love」や、ジェームス・ブラウンがカバーする「Think」、レイ・チャールズがカバーする「Tell the Truth」等のオリジナル・バージョンを残した。60年代に入るとTHE HOME OF THE BLUES, VEE-JAY, TODD, SMASH等のレーベルを転々としており、1964年にはグループは解散してしまった。ゴスペルやブルース、ドゥーワップの要素を盛り込んだ独創的なR&Bで、ソウル・ミュージックの先駆けとなった重要グループであった。またグループ出身のクラレンス・ポーリング(クラレンス・ポール)は、後にデトロイトのTAMLA/MOTOWNに入社し、マーヴィン・ゲイやスティーヴィー・ワンダー等を手がけてプロデューサーとして大成功を収めている。
No reviews