Langsung ke informasi produk
1 dari 3

R&B 45

Lou Rawls - Can I Please / What'll I Do

1965 USA Original 45rpm Record [CAPITOL/5505]

Harga reguler
¥2,000 JPY
Harga reguler
Harga obral
¥2,000 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント



サム・クックや、フランク・シナトラらに影響をうけた、ポップでスムースなボーカルで大衆的な人気を博したポップ、ジャズ、ブルース、R&B・シンガー、俳優、声優/ルウ・ロウルズが、1965年にCAPITOLレーベルからリリースしたシングルです。ディヴィッド・アクセルロッド・プロデュースによる作品です。

ルウ自作によるチャック・ベリー風のロックンロール曲を、疾走感たっぷりのバッキングに乗せた60's ブラック・ロックンロール・ナンバー!

裏面はポップボーカル作品です。

オリジナル・カンパニースリーヴ付きです。

コンディション:NM/NM
マトリックス番号45-55058-F-1 / 45-55003-F-1


アーティスト 【ルー・ロウルズ】



ポップ、ジャズ、ブルース、R&B・シンガー、俳優、声優。1933年シカゴ生まれで、2006年にロサンジェルスで死去。本名 Louis Allen "Lou" Rawls 。7歳からザ・グレーター・マウント・オリーヴ・バプティスト教会でゴスペルを歌いだし、そこでサム・クックと出会い交流を持つ。1951年にサムの後釜としてザ・ハイウェイ・キューシーズ(The Highway QC's)に参加した。その後ロサンジェルスに移住し、ザ・プリグリム・トラヴェラーズ(The Pilgrim Travelers)に参加。1962年にはポップ~R&Bシンガーに転向し、CAPITOLレーベルと契約をする。ソロ活動の初期にはサム・クックの「Bring it on Home to Me」や「That's Where It's At」にコーラスで参加した。60年代には「Love Is a Hurtin' Thing」や「Dead End Street」等を多数ヒットさせ、70枚以上のアルバムを録音すなどをし大衆的にも人気を得た。サム・クックや、フランク・シナトラらに影響をうけた、ポップでスムースなボーカルが魅力となる名歌手です。

No reviews