Langsung ke informasi produk
1 dari 2

Blues 45

Jimmy Reed - I Wanna Be Loved / Going To New York (Promo)

1959 USA Original 45rpm Record [VEE-JAY/326]

Harga reguler
¥2,400 JPY
Harga reguler
Harga obral
¥2,400 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント





ロックンロール時代におけるシカゴ・ブルースを代表するブルース・シンガー、ギタリスト、ハーピスト/ジミー・リードが、1958年にUS VEE-JAYレーベルからリリースしたシングルです。

リード自作による恋愛を歌ったノリの良いアップテンポ曲を、バックビートを効かせたバッキングのリズムに乗せたオーセンティック・ロッキン・ブルース・チューン!

1986年にスティーヴ・ミラー・バンドがカバーしており、アルバム『Living in the 20th Century』に収録されています。



裏面もリード自作によるアップテンポ曲の2サイダー盤で、「ニューヨークに行く」というロッキン・ブルース作品のカップリングです。

コンディション:VG(+)/VG(+)/WOL/RW/DJ
マトリックス番号:58-321 Sheldon / 58-994 Sheldon

アーティスト【ジミー・リード】
Mathis James "Jimmy" Reed (September 6, 1925 Dunleith, Mississippi, United States - August 29, 1976 Oakland, California, United States) ブルース・シンガー/ギタリスト/ハーピスト。シカゴ・ブルース。1949年にシカゴに移住し、ジョン・ブリム(John Brim)や、エディー・テイラー(Eddie Taylor)、アルバート・キング(Albert King)らとゲイリー・キング(Gary Kings)というグループを結成して活動し、ウィリー・ジョン・ダンカン(Willie Joe Duncan)らとも演奏。CHESSレーベルのオーディションに不合格となるものの、同じシカゴのVEE-JAYレーベルのオーディションに合格し、1953年に契約。以降同レーベルに1966年まで録音を続け、キャッチーなロッキン・ブルース~R&B的な作品で、50年代後半~60年代半ばまで絶大な人気を誇る。ここでは「Baby What You Want Me To Do」、「Big Boss Man」、「Bright Lights, Big City」等、ブルースのスタンダードになった作品も多い。相棒のギタリスト/エディー・テイラーのウォーキング・リズムは後に“ジミー・リード調”とまで呼ばれ、ブルースのひとつの雛形にまでなり、後のブルースや英国ロック勢にも多大な影響を及ぼした。特にイギリスのザ・ローリング・ストーンズの初期作品には、ジミーのカバー曲やジミー・リード調の作品が多く、ジミーは彼らにとってはブルース・アイドルの一人だったといえる。ダウンホームなギターと、高音でブロウするハープ、そして口を半分開けきらないでレイジーに歌うヴォーカル・スタイルも特徴的である。ロックンロール時代においてクロスオーバーな活躍をし、戦後ブルースを代表する一人となった。
No reviews