Langsung ke informasi produk
1 dari 2

Oldies 45

Dion - Love Came To Me / Little Girl

1962 USA Original 45rpm Record [LAURIE/3145]

Harga reguler
¥1,400 JPY
Harga reguler
Harga obral
¥1,400 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント





ホワイト・ドゥーワップ・グループ/ザ・ベルモンツで人気を博した事でも知られるポップ・シンガー&ソングライター/ディオン・ディムッチが、1962年10月にLAURIEレーベルからリリースしたシングルです。ビルボード・ホット100チャートで最高10位、ビルボード・R&Bチャートで最高24位を記録しました。

ジョン・ファルボとディオンが共作をしたメランコリックなバラード曲を、グレン・スチュアートが指揮する演奏と、ザ・デル・サテンズの素晴らしいコーラスに乗せた60's ポップス・クラシックスです。

裏面はアップテンポ曲で、こちらもザ・デル・サテンズのコーラスが入るホワイト・ドゥーワップでおすすめです。

コンディション:VG+/VG+
マトリックス番号N08W-1358-1A / N08W-1359-1A


アーティスト【ディオン・ディムッチ】





ポップ・シンガー、ソングライター。1939年ニューヨーク州ブロンクス生まれのイタリア系アメリカ人。本名 Dion Francis DiMucci 。1957年にホワイト・ドゥーワップ・グループ、ザ・ベルモンツ(The Belmonts)を結成し、1957年MOHAWKレーベルに初録音後、その後LAURIEレーベルと契約し、「I Wonder Why」や「A Teenager In Love」といった一連のヒットを放つ。グループ内でも際立った存在感でアイドル的な人気を博していき、1960年には遂にソロ歌手に転向する(ザ・ベルモンツは引き続き活動を継続している)。ザ・ベルモンツ在籍時と同じくLAURIEレーベルで、アーニー・マレスカとの競作による「Runaround Sue」や、「The Wanderer」といったロックンロール・ナンバーを多数ヒットさせた。1962年にはCOLUMBIAレーベルに移籍し、「Ruby Baby」、「Dnna the Prima Donna」、「Drip Drop」をヒットさせている。ザ・デル・サテンズ(The Del Satins)は、主にディオンの専属コーラス隊として、多くのセッションでコーラスを担当した。初期のザ・ベルモンツ時代にはホワイト・ドゥーワップのブームを引率し、60年代初頭には歌って作曲してプロデュースもこなす、シンガー・ソングライターの先駆けとしても功績を残した名アーティストである。

アーティスト【ザ・デル・サテンズ】



1958年にニューヨークのマンハッタンで活動していた2つのストリートコーナーグループである、ザ・ヨークビル・メロディーズ(The Yorkville Melodies)とザ・ジョーカーズ(The Jokers)が合併して結成された。オリジナルのメンバーは、10代のスタン・ジスカ (リード)、フレッド・フェラーラ (バリトン)、弟のトム・フェラーラ (ベース)、レスリー・カウチ (ファーストテナー)、キース・ケトナー (セカンドテナー) であった。彼らはR&Bグループのザ・デルズ(The Dells)とザ・ファイヴ・サテンズ(The Five Satins)へのオマージュとしてグループ名をザ・デル・サテンズ(The Del-Satins)にし、ライブパフォーマンスで確固たる人気を築き、有名なニューヨーク市全体の「バトル・オブ・ザ・グループ」のコンテストで1位になった経歴がある。1960年、彼らはジョージ・ゴールドナーのENDレーベルに録音した後、新しいマネージャーのローリー・グリブルを獲得し、LAURIEレーベルと契約した。そこで彼らは、ディオン&ザ・ベルモンツを脱退したばかりのディオンのコーラスを担当した「Runaround Sue」が大ヒットしている。ディオンのその後のソロ・ヒットの「Lovers Who Wander」「Little Diane」「Love Came to Me」「Ruby Baby」「Donna the Prima Donna」「Drip Drop」「Sandy」でもコーラスを務めた他、レン・バリーやジャン&ディーン、またアーニー・マレスカの1962年のヒット曲「シャウト!シャウト!」でもコーラスを務めた。自己名義での録音は1962年にCOLUMBIAレーベルにあるが成功はしていない。1963年にはフィル・スペクターのオーディションを受けたが、その後レコーディングの機会は不問にしている。1963年~1965年までの間クレイ・コールのテレビ番組に定期的に出演し、他の歌手のバックボーカリストとしても活動した。

No reviews