Langsung ke informasi produk
1 dari 2

R&B 45

Clarence "Bob-Bon" Garlow - New Bon-Ton Roulay / Bon Ton Roula (JUKEBOX JAM Re-Issue)

2012(1953&1949) UK Re-Issue 45rpm Record [JUKEBOX JAM/1038]

Harga reguler
¥1,200 JPY
Harga reguler
Harga obral
¥1,200 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント





ジャンプ・ブルース~テキサス・ブルース~ケイジャン~ブルース・シンガー/クラレンス・ガーロウが、1953年にALADDINレーベル[3179]からリリースした作品の、2012年UK JAZZMAN/JUKEBOX JAMレーベル・リイシューです。

1951年のヒット曲「ボン・トン・ルーラ」の3度目となるリメイクバージョンで、マックスウェル・デイヴィスがバッキングを演奏するシンコペーションリズムでワイルドに仕上げられたルンバ・ブルース・パーティーチューン!UK JAZZMAN/JUKEBOX JAMレーベル編集によるV.Aコンピレーションアルバム『Jukebox Mambo Vol. III』に収録されています。

裏面は1949年にUS MACY'S RECORDINGSレーベル[5002]に吹き込んだ「ボン・トン・ルーラ」のオリジナル・バージョンのカップリングです。こちらは原盤はSP盤のみなので、嬉しい初7インチ化です。

コンディション:NM/NM/RI
マトリックス番号:JBJ1038-A / JBJ1038-B

アーティスト【クラレンス・ガーロウ】
ブルース・シンガー、ソングライター、ギタリスト。ジャンプ・ブルース~テキサス・ブルース~ケイジャン。1911年ルイジアナ州ジェファーソン・デイヴィス・パリッシュ生まれで、1986年にテキサス州ビューモントで死去。本名 Clarence Joseph Garlow 。幼少期にテキサス州ビューモントに家族で移住し、ティーン期にはフィドルやアコーディオンを習い、Tボーン・ウォーカーに影響をうけてブルース・ギターも演奏。1949年に地元のMACY'S RECORDINGSレーベルに初録音。1950年にはALADDINレーベルよりルンバのリズムを取り入れた「Bon Ton Roula」と「Jambalaya」がヒット。1951年にはLYRICレーベル、1953年にALADDIN, FLAIRレーベルに録音。1954年にはクリフトン・シェニエとのコンビ/ツー・クレイジー・フレンチメン(Two Crazy Frenchmen)で結成しツアーに出て注目され、以降もソロでFEATURE, FOLK STAR, GOLDBAND等のレーベルに録音。しかしヒットは生まれず、地元ビューモントのラジオ局KJETでDJに転向し、自身の番組『Bon Ton Show』を1961年頃まで続けた。演奏活動は1970年初頭まで続けており、その後は郵便配達員の仕事をしていた。1984年には「サンフランシスコ・ブルース・フェスティバル」に出演した。
No reviews