Ir directamente a la información del producto
1 de 3

R&B 45

Roy Perkins - Drop Top / That's What The Mailman Had To Say

1958 USA Original 45rpm Record [MERCURY/71278]

Precio habitual
¥2,600 JPY
Precio habitual
Precio de venta
¥2,600 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント





マイナーな白人R&B・シンガー/ロイ・パーキンスが、1958年にUS MERCURYレーベルに残したシングルです。

ラリー・ウィリアムズの「ボニー・モロニー」をファストに改良した様な作風で、サックスが入る疾走感のあるリズムをバックに、黒っぽいボーカルでワイルドに歌うルイジアナ・ホワイトR&B・ロッカー!ルイジアナの沼地(バイユー)を彷彿とさせる、ベトベトとしたグリーシィなサウンドのアタック感が痛快です。V.Aコンピレーション・アルバム『Mercury Rock & Roll Party』に収録されています。

裏面はスワンプ・ポップ作品です。

オリジナル・カンパニースリーヴ付きです。

コンディション:VG+/VG++
マトリックス番号:YW-17011-2U / YW-17012-2U

アーティスト【ロイ・パーキンス】
Ernie Suarez (26 April 1935, Lafayette, Louisiana) マイナーな白人R&B・シンガー。ルイジアナ・スワンプ・ポップ。50年代には自身のバンド/ザ・モダネアーズ(The Modernaires)を結成し、ロイド・プライスのカバー曲等のR&Bを演奏したという記録が残されている。録音は1958年にRAM, MERCURYレーベルにある。
No reviews