Ir directamente a la información del producto
1 de 2

R&B 45

Gary "U.S." Bonds - New Orleans / Please Forgive Me (LEGRAND Purple Label)

1960 USA Original 45rpm Record [LEGRAND/1003]

Precio habitual
¥2,400 JPY
Precio habitual
Precio de venta
¥2,400 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント





「ニューオーリンズ」、「クオーター・トゥ・スリー」等のヒットの他、1980年代にはブルース・スプリングスティーンによる再評価で再度チャート上に復活した事でも知られるR&B・シンガー/ゲイリー・“U.S.”・ボンズが、1960年9月にUS LEGRANDレーベルからリリースした記念すべきデビューシングルで、フランク・ガイダ・プロデュースによる作品です。ビルボードホット100チャートで6位、R&Bチャートで5位、英国シングルチャートで16位を記録しました。

ヴァージニア・ファンクのルーツとなるダンサブルなリズムに乗せたキャッチーな楽曲を、コール&レスポンスのコーラスと共に明るく歌うR&B・パーティーチューン!

ロックンロールの範疇で人気があり、カバーも多く発表されていますが、ここではチャートヒットした以下を重要度が高いと判断し挙げておきます。

1964年、バーン・エリオット&ザ・フェンメンのバージョンは、UKシングルチャートで24位になりました。



1965年、エディ・ホッジスのバージョンは、米国のポップチャートで44位に達しました。



1965年、ザ・チャートバスターズのバージョンは、米国のポップチャートで134位に達しました。



1967年、スティーブ・アライモのバージョンは、米国のポップチャートで126位に達しました。



1968年、ニール・ダイアモンドのバージョンは、米国のポップチャートで51位になりました。



1969年、アンソニー・アームストロング・ジョーンズののバージョンは、米国のカントリーチャートで28位になりました。



1975年、キング・ビスケット・ボーイのバージョンは、カナダで68位に達しました。



1981年、ジランのバージョンは、UKシングルチャートで17位になりました。



また日本では、フィンガー5の「学園天国」に本作からのリフが引用されてた事で知られています。



裏面はバラードです。

コンディション:VG++/VG++
マトリックス番号:KB-484-4 / KB-485-3

アーティスト【ゲイリー・U.S.・ボンズ】
R&B・シンガー。1939年フロリダ州ジャクソンヴィル生まれでヴァージニア州ノーフォーク育ち。本名 Gary Levone Anderson 。ヴァージニア州ノーフォークのプロデューサー フランク・ガイダに見出され、1960年にLEGRANDレーベルと契約。60年代初頭のダンス物ブームにも便乗し、デビュー作の「New Orleans」や、1961年の「Quarter to Three」といったヒットで人気を博した。ポップかつキャッチーでダンサブルなR&Bを売りにし、1962年中頃まではコンスタントにヒットを放っている。1980年代には当時の大スターであるブルース・スプリングスティーンが熱烈に再評価したのをきっかけに再注目され、再び音楽活動に力を入れチャート上にも復活している。
No reviews