Ir directamente a la información del producto
1 de 2

R&B 45

Frankie Lymon & The Teenagers - Why Do Fools Fall In Love / Please Be Mine

1956 USA Original 45rpm Record [GEE/1002]

Precio habitual
¥1,800 JPY
Precio habitual
Precio de venta
¥1,800 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント







60年代初頭のガールシンガーにも多大な影響を与えたR&Bシンガー/フランキー・ライモンを中心にしたR&Bグループ/ザ・ティーネイジャーズが、1956年1月10日にGEEレーベルからリリースしたシングルです。米国ビルボードポップチャートで6位、R&Bチャートで5週連続1位、同年7月に英国シングルチャートで1位を記録しました。ローリングストーン誌が選ぶ「ザ・500・グレーテスト・ソングス・オブ・オール・タイム」で314位にランクされています。日本では邦題「恋は曲者」として知られています。

ジョージ・ゴルドナーとフランキーが共作をしたメロディアスな楽曲を、ジミー・ライトのバンドが演奏するジャンプ・サウンドに乗せて、フランキーのリードによるボーイソプラノボーカルで歌う50's ドゥーワップ・クラシックス!ベース・シンガー/シャーマン・ガーンズ(Sherman Garnes)のベース・パートのサポートがまた素晴らしく、ドゥーワップとしても上質な内容の名作であります。ジョージ・ルーカス監督による1973年のアメリカの青春映画『アメリカン・グラフィティ(American Graffiti)』に挿入されていました。またエルヴィス・プレスリーの「ハートブレイク・ホテル」と同じタイミング(1956年1月)で発売され、ロックンロール時代の幕開けを告げた一曲としても重要視されています。また個性的な歌手であったフランキー・ライモンの知名度を上げ、彼をロックンロールのパイオニアの一人とするきっかけにもなりました。

1956年にカナダのポップグループ、ザ・ダイヤモンズによるカバーが、ビルボードポップチャートで12位に達しました。



1981年にはダイアナ・ロスによるカバーが世界的に大ヒットしています(Billboard's Pop Singles Chart #7-, US R&B Chart #6-, US Adult Contemporary #2-, UK Singles Chart #4-)。



1964年にはザ・ビーチ・ボーイズがシングル「Fun, Fun, Fun」のカップリングとしてカバーしており、そちらは全米チャート120位のマイナーヒットとなっております。そちらはフィル・スペクター風のアレンジが素晴らしい名作です。



裏面はメランコリックなバラードです。

コンディション:VG-/VG-/RW
マトリックス番号:RR-3036-45 7798 / RR-3042-45 7802


アーティスト【フランキー・ライモン】
R&B・シンガー。1942年ニューヨーク市ハーレム生まれで、1968年にヘロインの過剰摂取が原因で25歳の若さで他界。本名 Franklin Joseph "Frankie" Lymon 。1955年にR&Bグループ/ザ・ティーネイジャーズ(The Teenagers)でGEEレーベルよりデビューし、「Why Do Fools Fall in Love」他、多数のヒット曲を発表する。ザ・ティーネイジャーズはボーカルグループとしての実力も抜きん出ており(とくにベース・パートのシャーマン・ガーンズ)、さらにリードシンガーのフランキーの美しいボーイソプラノボーカルは、コントロール力も抜群で技巧的にも非常に素晴らしい卓越したものであった。フランキーはアイドル的な人気もあり、1957年にはグループを離れてソロ歌手に転向。自己名義で引き続きGEE, ROULETTEレーベルに録音を残し、ソロでも「Goody Goody」をヒットさせた。50年代には多くのキッズR&Bグループのフォロワーを生み出した他、60年代以降はジャッキー・ウィルソンや、女性シンガーのダイアナ・ロス、ロニー・スペクターらにも多大な影響を与えている名歌手である。ただし声変わりをしてからはボーカリストとしての魅力は激減し、一気にレコーディングする機会も減り、さらに追い討ちをかける様に、15歳の時から常習していたヘロインのオーバードーズで惨めな最後を迎えている。60年代には20TH CENTURY-FOX, COLUMBIAレーベルにも録音が残されており、興味がある方は一聴されたし。

No reviews