Ir directamente a la información del producto
1 de 2

R&B 45

Frankie Lymon & The Teenagers - I Want You To Be My Girl / I'm Not A Know It All

1956 USA Original 45rpm Record [GEE/1012]

Precio habitual
¥1,200 JPY
Precio habitual
Precio de venta
¥1,200 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント





60年代初頭のガールシンガーにも多大な影響を与えたR&Bシンガー/フランキー・ライモンを中心にしたR&Bグループ/ザ・ティーネイジャーズが、1956年にUS GEEレーベルからリリースしたシングルです。全米ポップチャートで最高13位、R&Bチャートで3位を記録しました。

ジョージ・ゴールドナー&リチャード・バレットが共作したアップテンポ曲です。ジミー・ライトのバンドが演奏するジャンプサウンドとティーネイジャーズの技巧的なコーラスをバックに、フランキー・ライモンのリードが明るく伸びやかに歌いあげる50's ドゥーワップ・クラシックス!

1962年にはレイ・チャールズ風にアレンジされた、ザ・カプリ・シスターズのバージョンが出されており、そちらも秀逸です。



1965年にジ・エキサイターズによるカバーが、ビルボードポップチャートで最高98位に達しました。



裏面はバラード作品です。

コンディション:VG/VG/RW
マトリックス番号:RR-3090-43-X7 / RR-3091-45-1X


アーティスト【フランキー・ライモン】
R&B・シンガー。1942年ニューヨーク市ハーレム生まれで、1968年にヘロインの過剰摂取が原因で25歳の若さで他界。本名 Franklin Joseph "Frankie" Lymon 。1955年にR&Bグループ/ザ・ティーネイジャーズ(The Teenagers)でGEEレーベルよりデビューし、「Why Do Fools Fall in Love」他、多数のヒット曲を発表する。ザ・ティーネイジャーズはボーカルグループとしての実力も抜きん出ており(とくにベース・パートのシャーマン・ガーンズ)、さらにリードシンガーのフランキーの美しいボーイソプラノボーカルは、コントロール力も抜群で技巧的にも非常に素晴らしい卓越したものであった。フランキーはアイドル的な人気もあり、1957年にはグループを離れてソロ歌手に転向。自己名義で引き続きGEE, ROULETTEレーベルに録音を残し、ソロでも「Goody Goody」をヒットさせた。50年代には多くのキッズR&Bグループのフォロワーを生み出した他、60年代以降はジャッキー・ウィルソンや、女性シンガーのダイアナ・ロス、ロニー・スペクターらにも多大な影響を与えている名歌手である。ただし声変わりをしてからはボーカリストとしての魅力は激減し、一気にレコーディングする機会も減り、さらに追い討ちをかける様に、15歳の時から常習していたヘロインのオーバードーズで惨めな最後を迎えている。60年代には20TH CENTURY-FOX, COLUMBIAレーベルにも録音が残されており、興味がある方は一聴されたし。

No reviews