Ir directamente a la información del producto
1 de 4

Misc 45

Eugene Uten - The Bells Of Bruges [45rpm, 7inch, 6tracks, EP] (w/PS)

1959 Belgium Original 45rpm Record [DECCA/455.006]

Precio habitual
¥1,600 JPY
Precio habitual
Precio de venta
¥1,600 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント

ベルギーの音楽家/ユージーン・ウーテンが、1959年にベルギーのDECCAレーベルからリリースした45回転7インチ・6曲入りEPシングルです。

<収録曲>
A1. Polonaise
A2. Aria Aus "Don Juan"
A3. Romanze Von Wolfram (Sternenlied)
B1. Sonatine
B2. Wohin
B3. My Gentle Harp

鍵盤楽器、体鳴楽器の一種である、調律した鐘と鍵盤を組み合わせて演奏する有音程打楽器、カリヨン(以下に写真)を調整し音楽として鳴らすマエストロによるブルージュ(ベルギー)のカリヨン録音盤です。


ベートーヴェン、モーツァルト、ワグナー、シューベルトといったクラシック曲やトラディショナル曲を奏でる鐘の音の響きは、郷愁にも似た懐かしさや、時間を超越した深い悠久のロマンを感じさせてくれます。珍盤がお好きな方におすすめです。

7インチはレア!オリジナル・ピクチャースリーヴ付きです(コーティングにかるいリングウェアあり。全体的には概ね良好な保存状態です)。


コンディション:VG++/VG++
マトリックス番号:FE4891 / F045 4892

アーティスト【ユージン・ウーテン】



Eugeen Uten(1919年9月21日~2001年5月14日ブルージュ) 1944年、彼はジェフ・デニンのロイヤル・カリヨン学校でのレッスンを受けるためにメッヘレンへ出発した。彼の教師はスタフ・ニース(カリヨン:調律した鐘と鍵盤を組み合わせて演奏する有音程打楽器であり鍵盤楽器、体鳴楽器)とジェフ・ヴァン・フーフ(作曲と和声)であった。1948年7月15日に彼は首席で卒業しました。1948年10月1日から、スタッフ・ニースのアシスタント・カリヨナーとして、彼はメッヘレンで鐘を演奏することを許可された。わずか数か月後の1949年5月21日には、彼は早くもブルージュの首席カリヨナーに任命されている。 1957年、オランダのユトレヒトの国際作曲コンクールで第1位を受賞。1958年には万博作曲コンテストでメッヘレン賞を受賞。そして1959年に、彼はロイヤルカリヨン学校ジェフ・デニンで史上初めて、優秀な卒業証書を優秀な成績で取得した。 1984年には、ブルージュのカリヨンとカリヨン音楽全般の発展における顕著な芸術的功績が評価され、王立王冠勲章を授与されている。非常に献身的で勤勉な音楽家として、彼は約120曲のカリヨン音楽を作曲し、ブルージュの鐘をできるだけ美しく鳴らすために、約1000曲をカリヨンの特定のニーズに合わせて調整したことでも知られている。
No reviews