Ir directamente a la información del producto
1 de 2

Latin 45

Charlie Palmieri - Moliendo Cafe / Que Bien

1961 USA Original 45rpm Record [ALEGRE/45-3067]

Precio habitual
¥800 JPY
Precio habitual
Precio de venta
¥800 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント





米国におけるラテン・ジャズとサルサの発展に欠かせない存在の1人として認められているラテン音楽(ラテン・ジャズ、サルサ、チャランガ等)のピアニスト、バンド・リーダー、音楽プロデューサーのチャーリー・パルミエリが、1961年にALEGREレーベルからリリースしたシングルです。

1961年にウーゴ・ブランコが録音したバージョンがアルゼンチンで第1位となり、それ以来ラテンのスタンダードとなった曲のカバーです。



日本国内でも邦題「コーヒー・ルンバ」として馴染みのあるメロディーを、軽快なパチャンガ(ラテン音楽の一種)のリズムに乗せて、哀愁のあるボーカルで歌った60's ラテン・チューン!

裏面もパチャンガのラテン・ミュージックです。

レア!!!!!

コンディション:G/G/WOL/RW/DH
マトリックス番号:5199-45 / 5197-45


アーティスト【チャーリー・パルミエリ】




    
ラテン音楽(ラテン・ジャズ、サルサ、チャランガ等)のピアニスト、バンド・リーダー、音楽プロデューサー。プエルトリコ人の両親のもとニューヨーク市で生まれ、「キーボードの巨人」として知られた。米国におけるラテン・ジャズとサルサの発展に欠かせない存在の1人として認められている。