Ir directamente a la información del producto
1 de 2

R&B 45

Bill Doggett - Hold It / Birdie

1958 USA Original 45rpm Record [KING/45-5149]

Precio habitual
¥2,400 JPY
Precio habitual
Precio de venta
¥2,400 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント





ミッドテンポのシャッフル・リズムで50年代のR&Bに一大旋風を巻き起こしたR&B鍵盤楽器奏者/ビル・ドゲットが、1958年にKINGレーベルからリリースしたシングルです。

ビルボード・ホット100チャートで最高92位、ビルボード・R&Bチャートで最高3位を記録しました。

ザ・チャンプスに影響を受けた様なラテン調のダンスナンバーで、ミニマルに繰り出されるリズムに乗せて、クリフォード・スコットが演奏するテナーサックスがジャジーに響くR&Bインストゥルメンタル・ナンバー!曲間には「Hold It!」という掛け声が入り、R&B版のTittyShakersとでも形容出来そうな作風です。


Clifford Scott

後にジェームス・ブラウンがカバーしており、KINGレーベルとSMASHレーベルで二度もレコーディングしています。本作の持つ特異なリズムは、後のファンキーソウルのルーツとしても注目したいところであります。


James Brown





1962年にはリンク・レイがカバーしており、そちらはレイ・ヴァーノン名義でMALAレーベルより出されており、プリミティブなパンク・ロックとして非常に高水準な内容です。


Link Wray



裏面もハンドクラップが入りノリが良いシャッフルR&Bです。

コンディション:VG++/VG++
マトリックス番号K-45-10126-1 / K-45-8950-1

アーティスト【ビル・ドゲット】









R&B・オルガン奏者。1916年フィラデルフィア生まれで、1996年にニューヨークで死去。本名 William Ballard Doggett 。9歳で鍵盤楽器を弾き始め、15歳で自身のバンドを結成。1930~1940年代にはラッキー・ミリンダ楽団に在籍。1947年にはルイ・ジョーダン&ヒズ・ティンパニー・ファイヴで、ワイルド・ビル・デイヴィスの後釜として参加。1951年にはソロとして独立し、KINGレーベルと契約。同レーベルでは多くのレコーディングを行い、1956年には「Honky Tonk」を大ヒットさせている。ミッドテンポのシャッフル・リズムに乗せた、ハモンド・オルガン主体のインストゥルメンタル作品は、R&Bの雛形の一種として影響力を持った。
No reviews