Ir directamente a la información del producto
1 de 3

R&B 45

Ben E. King - Don't Play That Song / The Hermit Of Misty Mountain

1962 USA Original 45rpm Record [ATCO/6222]

Precio habitual
¥2,200 JPY
Precio habitual
Precio de venta
¥2,200 JPY
- ポイント

↑獲得ポイント





R&B~ソウル・グループ/ザ・ドリフターズ出身のR&B~ソウル・シンガー/ベン・E・キングが、1962年にATCOレーベルからリリースしたシングルです。ジミー・ハスケル・プロデュースによる作品で、ビルボード・ホット100チャートで最高11位、R&Bチャートで最高2位を記録しました。


Jimmie Haskell (& Chris Noel)

アーメット・アーティガンが書き下ろした失恋がモチーフのバラード曲を、前ヒット作「スタンド・バイ・ミー」スタイルのリズムに乗せて、情感たっぷりのソウル・ボーカルで歌い上げる60's R&B~アーリーソウル・クラシックス。キング諸作品屈指の名唱かつ、ジミー・ハスケルによるコーラスやストリングスのアレンジメントも秀逸な名作です。


Ahmet Ertegun

1970年にはアレサ・フランクリンによるカバーバージョンが、ビルボード・ホット100チャートで最高11位、R&Bチャートで最高2位の大ヒットを記録し、ミリオンセラーとなりゴールドディスクを受賞しています。



裏面は軽快なアップテンポのR&Bナンバーです。

<参加ミュージシャンと録音場所+日時>
Ben E. King With Jimmy Haskell's Orchestra [Don't Play That Song (You Lied)]
Eddie Bert, trombone; Margaret Ross, harp; Robert Mosely, piano; Al Caiola, Charles Macey, Art Ryerson, guitar; Jack Lesberg, bass; Gary Chester, drums; Ben E. King, vocal; Eva Boyd, Dorothy Jones, Earl-Jean McCrea, background vocal; unidentified 8 strings, Jimmy Haskell, director.
NYC, March 3, 1962
---
Ben E. King With Claus Ogerman's Orchestra [The Hermit Of Misty Mountain]
Pat Bown, Carole King, piano; Al Caiola, Billy Mure, guitar; Wendell Marshall, bass; Gary Chester, drums; Sol Gubin, Bob Rosengarden, percussion; Ben E. King, vocal; Anita Darian, Jerome Graff, Noah Hopkins, Richard Kraus, Valerie Lamoree, Barbara Webb, background vocal; unidentified 10 strings, Claus Ogerman, director.
NYC, January 23, 1962

オリジナル・カンパニースリーヴ付きです。

コンディション:NM/NM
マトリックス番号62C5996-1 / 62C5906-2

アーティスト【ベン・E・キング】



Benjamin Earl King (born September 28, 1938 Henderson, North Carolina - April 30, 2015) R&B~ソウル・シンガー。初期の頃にはザ・ファイヴ・クラウンズ(The Five Crowns)というR&Bグループに在籍して活動。1958年にザ・ドリフターズのマネージャーであるジョージ・トレードウェル(George Treadwell)はメンバー全員をクビにしたが、その後にアポロシアターでのライヴがブッキングされており、苦肉の策としてザ・ファイヴ・クラウンズをザ・ドリフターズに見立ててアポロへ出演させる。この時から第3期のザ・ドリフターズ(通称ザ・ニュー・ドリフターズ)が始まっており、彼らはそのままザ・ドリフターズとしてATLANTICレーベルとの契約に至る。そこではベン・E・キングがリードを努めた「Save the Last Dance for Me」「This Magic Moment」「I Count the Tears」といったヒットを連発しており、ザ・ドリフターズの長い歴史の中に輝かしい功績と名曲の数々を残す事となった。1960年にベン・E・キングはザ・ドリフターズを脱退し、ソロシンガーとなってATCOレーベルに移籍した。そして「Spanish Harlem」、「Stand By Me」といった不屈の名曲を残しソロでも成功を収めていく。ゴスペル直径の熱っぽいボーカル・スタイルで、R&Bからソウルを築いた重要人物の一人である。
No reviews