Skip to product information
1 of 2

Jazz 45

Socolow - My Heart Stood Still / But Not For Me

1956 USA Original 45rpm Record [BETHLEHEM/11050]

Regular price
¥1,800 JPY
Regular price
Sale price
¥1,800 JPY
- Points

↑獲得ポイント





1940年代から活動し多くの大物バンドでも演奏を経験した白人男性ジャズ・サックス奏者、オーボエ奏者/フランク・ソコロウが、1956年にBETHLEHEMレーベルからリリースしたシングルです。

1927年に発表された同名ポピュラーソングのカバーです。6人編成のスモールコンボによる演奏で、各パートのソロと、それらが折り重なる豊かな音色が印象的な50's ジャズ・ナンバー。

裏面は1930年にジョージ・ガーシュウィンが作曲し、アイラ・ガーシュウィンが作詞したポピュラーソングのカバーです。

<参加ミュージシャンと録音場所+日時>
Eddie Bert, trombone; Frank Socolow, tenor, alto sax; Eddie Costa, piano; Sal Salvador, guitar; Bill Takus, bass; Jimmy Campbell, drums.
NYC, November, 1956

コンディションVG(+)/VG/RW
マトリックス番号B-45-6485-1 / B-45-6484-1

アーティスト【フランク・ソコロウ】



Frank Socolow (September 18, 1923 New York City, United States - April 30, 1981) 白人男性ジャズ・サックス奏者、オーボエ奏者。テナーサックスの演奏で知られる。彼は40代前半にジョージア・オールド(Georgie Auld)、テッド・フィオ・リト(Ted Fio Rito)、ロイ・スティーヴンス(Roy Stevens)、ヴァン・アレクサンダー(Van Alexander)、シェップ・フィールズ(Shep Fields)が率いるスイングバンドで演奏を経験した。1944年に彼はボイド・レーバーン(Boyd Raeburn)のオーケストラでいくつかのレコードを録音した。1945年に彼はフレディ・ウェブスターとバド・パウエルとのセッションをDUKEレーベルに録音した。彼はバディ・リッチのビッグバンドのメンバーであり、1947-1948年にはチャビー・ジャクソンとスカンジナビア・ツアーをし、1949-1950年にはアーティー・ショウのビッグバンドに加わり、そして40代後半から50代の間に様々なアーティストでレコーディングをしている。他にもジョニー・ボスウェル、チャーリー・ベンチュラ、ジーン・クルーパ、サルバドール、メイナード・ファーガソン、テリー・ギブス、フィル・ウッズ、セシル・ペイン、マニー・アルバム、ハル・マックシック、ジョニー・リチャーズ、ビル・ルッソ、ジョー・モレロ、そしてボビー・スコットらでも伴奏をした。リーダー作は1956年にBETHLEHEMレーベルにあり、ビル・ホルマン(Bill Holman)、マニー・アルバム(Manny Albam)、そしてサル・サルヴァドール(Sal Salvador)らがアレンジメントを担当した。彼は1981年にニューヨークで亡くなっている。
No reviews