Skip to product information
1 of 3

R&B 45

LaVern Baker - I Cried A Tear / Dix-A-Billy (Japan ATLANTIC label)

1960 Japan Original 45rpm Record [ATLANTIC/1024]

Regular price
¥500 JPY
Regular price
Sale price
¥500 JPY
- Points

↑獲得ポイント





ロックンロール黎明期~黄金期における数多くのヒット曲で、50年代のリズム&ブルースを代表する名歌手として知られる女性R&B・シンガー/ラヴァーン・ベイカーが、1958年に日本ATLANTICレーベルからリリースしたシングルです。全米ポップチャートで6位、R&Bチャートで5位を記録しました。このシングルはベイカーにとっての最大のチャートヒットとなりました。

フレッド・ジェイ(レーベルに作者名は未掲載)とアル・ジュリアが作詞作曲をしたブルージーな曲を、サックス奏者のキング・カーティスが参加したジャジーな演奏に乗せて、情感的なボーカルで力強く歌いあげるR&Bバラードの名作です。

裏面はドゥーワップ+ディキシーランドジャズ風のアレンジメントが楽しいロックンロール・ナンバーです。

<参加ミュージシャンと録音場所+日時>
LaVern Baker With Reggie Obrecht's Orchestra [I Cried A Tear] [Dix-A-Billy]
Urbie Green, trombone; Leon Cohen, alto sax; King Curtis, tenor sax; unknown, vibes; Ernie Hayes, piano; Everett Barksdale, Al Caiola, guitar; Milt Hinton, bass; Panama Francis, drums; LaVern Baker, vocals; Bill Marine, Marcia Neil, Jerry Parker, Mike Stewart, choir; Reggie Obrecht, arranger, director.
NYC, September 11, 1958

オリジナル・カンパニースリーヴ付きです。

コンディション:NM/NM
マトリックス番号:ATC2007A N1212 / ATC2007B N1112

アーティスト【ラヴァーン・ベイカー】
Delores LaVern Baker (November 11, 1929 Chicago, Illinois, U.S. - March 10, 1997 Queens, New York, U.S.) 女性R&Bシンガー、ソングライター。ニューヨークR&B。初期ATLANTICレーベルの看板歌手で、50年代のR&Bを代表する名歌手。女性ブルース歌手メルリン・ジョンソンの姪っ子で、メンフィス・ミニーとは親戚という、米国ブラック・ミュージック界きってのサラブレット的存在。1946年頃にリトル・ミス・シェアクロッパー(Little Miss Sharecropper)という芸名でシカゴのクラブで活動し、1951年にビー・ベイカー(Bea Baker)に改名してOKEHレーベルに初録音。1952年にはトッド・ローズのバンドの歌手として活動してから注目され、1953年には ラヴァーン・ベイカーに芸名を改名してATLANTICレーベルとソロ契約を結んだ。1955年に「Tweedle Dee」が初ヒットした以降は、ラテン調のR&Bや、「Jim Dandy」等のロックンロール、そして「I Cried a Tear」といったバラード曲までを歌いこなし、1962年頃までヒットを連発し、映画『Rock, Rock, Rock』と『Mr. Rock & Roll』にも出演を果たし、ロックンロール時代の歌手として人気を博す。1964年にRUNSWICKレーベルに移籍し、60年代後半から22年間は戦場に行く兵士達の為に慰安歌手として歌い続けた。ジャジーでブルージーかつ、怒気を含んだ様なパワフルなヴォーカルが魅力となる名歌手である。
No reviews