Skip to product information
1 of 3

R&B 45

Joe Turner - Red Sails In The Sunset / After A While

1957 USA Original 45rpm Record [ATLANTIC/1131]

Regular price
¥2,200 JPY
Regular price
Sale price
¥2,200 JPY
- Points

↑獲得ポイント





40年代のジャンプ・ブルース時代から活躍し、50年代は中年ロックンローラーとしても人気を博したカンザス・シティー出身のジャンプ・ブルース~R&B・シンガー/ジョー・ターナーが、1957年にATLANTICレーベルからリリースしたシングルです。

1935年に発表された同名ポピュラーソングのカバーで、ラテン調のリズムを奏でるスモールコンボ・バンドの演奏に、女性コーラスが入るロックンロール・タイプのアップテンポR&B・ナンバー!

裏面はジョー自作によるバラード作品です。

<参加ミュージシャンと録音場所+日時>
[Red Sails In The Sunset] [After Awhile]
unknown, brass; unknown, sax; unknown, piano, organ, guitar, bass, drums; Joe Turner, vocals; unknown, vocal group.
NYC, November 20, 1956

オリジナル・カンパニースリーヴ付きです。

コンディション:NM/NM
マトリックス番号:45-A-2221-1 / 45-A-2219-2

アーティスト【ビッグ・ジョー・ターナー】
Big Joe Turner (born Joseph Vernon Turner Jr., May 18, 1911 Kansas City, Missouri, United States - November 24, 1985 Inglewood, California, United States) R&B~ブルース・シンガー。愛称は“ザ・ボス・オブ・ザ・ブルース”。20年代から30年代半ばまで地元カンザス・シティーで歌うバーテンダーとして人気を博す。この頃にピアニストのピート・ジョンスンとコンビを組み、1936年にニューヨークに行き、ベニー・グッドマン楽団とも競演。1938年にカーネギーホールで行われた「From Spirituals to Swing」で人気を得て、同年VOCALIONレーベルに録音した「Roll 'Em Pete」がヒットし、その後DECCAレーベルと契約。40年代にはデューク・エリントン楽団ともロサンジェルスで競演。1945年にはNATIONALレーベルに移籍し、カウント・ベイシー楽団と録音した、脂の乗ったボーカルで、ジャンプブルースの一時代を築いた。1951年にATLANTICレーベルと契約し、43歳の時に歌った「Shake, Rattle and Roll」('54-)や、「Corrine, Corrina」('56-)等をヒットさせ、中年の黒人ロックンローラーとして人気を博す。60年代以降は再びブルースに回帰し、70年代まで録音を続けた。
No reviews