Skip to product information
1 of 2

Sixties 45

Ekseption - Dharma For One / Air (Promo)

1970(1969) USA Original 45rpm Record [PHILIPS/40675]

Regular price
¥1,400 JPY
Regular price
Sale price
¥1,400 JPY
- Points

↑獲得ポイント





1967年から1989年まで活動したオランダのインストゥルメンタル・プログレッシブ・ロック、クラシック・ロック・バンド、エクセプションが、1970年にPHILIPSレーベルからリリースしたシングルです(ホワイト・レーベル・プロモ盤)。

イギリスのプログレッシブ・バンド、ジェスロ・タルが1968年に吹き込んだ作品のカバーです。



ジェスロ・タルの原曲に近いアレンジのカバーですが、ロック感とエキゾチック感と、ローランド・カーク風のジャズ感が三者一体となった60's ジャズ・ロック・ナンバー!

裏面はエクセプションの代表作品で、オランダでのトップ10ヒットとなりました。

バッハの曲「エアー」をロックなインストゥルメンタルにアレンジし直した、60's ポップ・インストゥルメンタル・クラシックスです。

コンディション:VG-/VG-/RW/DJ
マトリックス番号:46193 1 / 44993 1


アーティスト【エクセプション】







1958年にオランダのハールレムでスクール・バンドのザ・ジョーカーズ(The Jokers)が結成された。メンバーはハンス・アルタ(ベース)、ライン・ヴァン・デン・ブローク(トランペット)、ティム・グリーク(ドラムス)、ホイブ・ヴァン・カンペン(ギター/サックス)。初期はヒット曲のカバーを演奏した。1965年にグループ名をインクラウド(Incrowd)に変更したが、オランダに同名のバンドがいたため、1967年にはエクセプションに変更した。そしてバンドには、新しいバンドリーダーとなったロブ・クルーズマンも参加した。同年後半にはリック・ヴァン・ダー・リンデン(キーボード)もグループに加わった。彼はクラシックの訓練を受けた音楽家で、音楽院を卒業し、いくつかのジャズグループやポップグループで演奏したことがあった(オケージョナル・スウィング・コンボ等)。両者が出会ったのは、両バンドが同じライブで演奏したことがきっかけだった。ファン・デン・ブロークはファン・デル・リンデンの演奏に感銘を受け、エクセプションへの参加を依頼した。1968年、バンドはロースドレヒツェ・ジャズ・コンクールに出場し、優勝し、フォノグラムとレコード契約を結んだ。その年末に、バンドはプロデューサーのトニー・ヴォスとともにデビュー・アルバムをレコーディングしようとしていた。この時までにアルタとグリークの代わりにベースギタリストのコー・デッカーとドラマーのピーター・デ・レーウェが加入した。最初のシングルとして「ベートーベンの第5番」が選ばれ、バンドにとってすぐにヒット曲となった。続くシングル「ラプソディ・イン・ブルー」「エア」も大ヒットとなった。このチャートでの成功により、ヴァン・デル・リンデンは新しいバンドリーダーになった。1969年、クルーズマンは新しい音楽的アプローチに満足できずバンドを脱退した。そのすぐ後に共同創設者のヴァン・カンペンもバンドを脱退した。彼は音楽業界を辞め、音楽教師になっている。