Skip to product information
1 of 3

Soul 45

Chubby Checker - (At the) Discotheque / Let's Do The Freddie

1965 USA Original 45rpm Record [PARKWAY/949]

Regular price
¥2,200 JPY
Regular price
Sale price
¥2,200 JPY
- Points

↑獲得ポイント









「ザ・ツイスト」他のダンスもの連続ヒットで、一躍全国的に人気者になったチャビー・チェッカーが、1965年にUS PARKWAYレーベルからリリースしたシングルで、ボブ・フェルドマン&リチャード・ゴッテラー&ジェリー・ゴールドスタイン(通称:FGG)プロデュースによる作品です。ビルボードホット100チャートで40位を記録しました。

フランス・パリのクラブ「ラ・ディスコテーク」から定着していった「ディスコテーク」(略してディスコ)をモチーフにしたダンスナンバーで、当時最先端のグルーヴだった、モータウン・ソウル風のグルーヴを盛り込んだポップソウル・ダンサー!

裏面はフレディー&ザ・ドリーマーズのヒット曲「ドゥ・ザ・フレディー」とは異なる曲ですが、「ドゥ・ザ・フレディー」からのインスパイアから生まれたダンスナンバー・2サイダーです。



オリジナル・カンパニースリーヴ付きです。

コンディション:VG/VG/DH/RW
マトリックス番号:P949B / P949C

アーティスト【チャビー・チェッカー】
R&B~黒人ポップ・シンガー。1941年サウスキャロライナ州スプリングガリー生まれでフィラデルフィア育ち。本名 Ernest Evans 。ロックンローラーの物真似が得意で、ティーン期から歌っていたクラスの人気者。学校が終わった後にもジョークを交えて歌っていたのを見出され、ディック・クラークの「アメリカン・バンドスタンド」に出演するチャンスを得る。そこでディックの妻に冗談半分で“チャビー・チェッカー”とニックネームを付けられ、それを気に入った彼はそのまま芸名として使っていく事になる。1959年にCAMEO/PARKWAYレーベルと契約し、ノヴェルティー歌手としてプロデビューを果たす。得意の物真似を織り交ぜた、デビュー作の「The Class」は中ヒットを記録し、その後ハンク・バラード&ザ・ミッドナイターズのカバー「The Twist」が全米で大ヒットを記録し、フィラデルフィア~ニューヨークを中心にツイストは大流行し、その後社会現象にまでなった。その後もひたすらダンスものに専念してヒットを飛ばし、「Pony Time」、「Limbo Rock」、「Let's Twist Again」等を1965年頃まで続々とリリースした。2010年代以降も現役活動中である。