Skip to product information
1 of 2

R&B 45

Bobby Freeman - Do You Want To Dance / Big Fat Woman

1958 USA Original 45rpm Record [JOSIE/835]

Regular price
¥2,400 JPY
Regular price
Sale price
¥2,400 JPY
- Points

↑獲得ポイント







「シミー・シミー」、「カモン&スウィム」等のヒットでも知られるサンフランシスコ出身のR&B・シンガー/ボビー・フリマーンが、1958年にJOSIEレーベルからリリースしたシングルです。ビルボードホット100チャート5位、R&Bチャートで2位を記録しました。日本では邦題「踊ろよベイビー」として知られています。

サンフランシスコ生まれのティーンエイジャーだったボビー・フリーマンは、地元のドゥーワップ・グループ、ザ・ロマンザーズ(The Romancers)と、ザ・ヴォキャリアーズ(The Vocaleers)のメンバーでした。地元のDJから「曲を書いたてみてはどうか?」と尋ねられ、彼はいくつかの曲を書き、それらをソロデモとして録音しました。それらには、JUBILEEレコードのエグゼクティブであるモーティ・マーパリッツが聞いた「ドゥー・ユー・ウォント・トゥ・ダンス?」が含まれていました。モーティ・マーパリッツはフリーマンと契約を交わし、ニューヨークでギタリストのビリー・ムレを含むセッションミュージシャンによる演奏を、オリジナルのフリーマンのレコーディングにオーバーダビングしました。全体的にラテン・リズムを盛り込んだ軽快なダンス・ナンバーとして仕上げられたブラック・ロックンロール・クラシックス!また最近ではV.Aコンピレーションアルバム『Rumba Blues 3: Dancin' Fever 1956-1960』でも取り上げられ、「ルンバ・ブルース」の一種としても再評価されています。


Various - 『Rumba Blues 3: Dancin' Fever 1956-1960』 (2013)

1962年、クリフ・リチャード&ザ・シャドウズのバージョンは、シングルB面であったにも関わらずイギリスのチャートで2位になりました。



1965年にザ・ビーチ・ボーイズによるカバーがビルボード・ホット100チャートで12位に達しました。



1972年にベット・ミドラーによるカバーがビルボード・ホット100チャートで17位に達しました。



他にもラモーンズはじめ、カバーが多いロックンロールのスタンダードといえる名作中の名作です。



1973年のジョージ・ルーカス監督によるアメリカ映画『アメリカン・グラフィティー』にも挿入されています。



裏面はジェリー・リー・ルイス風のワイルドなロックンロールとなる2サイダー盤!

コンディション:VG+/VG+/WOL/SOL
マトリックス番号:JOZ-209-45-1 #2 / JOZ-208-45-1 #3

アーティスト【ボビー・フリーマン】



R&B・シンガー。1940年カリフォルニア州サンフランシスコ生まれ。14歳でR&Bグループ/ザ・ロマンサーズ(The Romancers)に参加し、DOOTONEレーベルに初録音。17歳の時にJOSIEレーベルとソロと契約し、1958年の「Do You Want To Dance?」は1960年代以降、ロックンロールのスタンダードとなる。1960年にKINGレーベルと契約し「(I Do the) Shimmy Shimmy」がヒットしたが、以降しばらくは大きなヒットにも恵まれずにいた。1964年にはAUTUMNレーベルに移籍し、有名になる前のスライ・ストーン(Sylvester Stewart)が手がけた「C'mon and Swim」が大ヒットしている。R&B~ソウル時代をロッキン&ワイルドに駆け抜けた存在である。
No reviews